閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  2. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  3. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  4. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  5. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  6. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  7. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  8. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
  9. GoToトラベル-出張費を総額精算でも給与課税なし
  10. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

リース資産の表示科目

今回は、リース資産の表示科目の話です。

「リース取引に関する会計基準(企業会計基準第13号)」の適用開始時に検討して、その後は同様に処理を行っているというケースが多いので意識からほとんど消えていたのですが、今回、適用後約3年を経過して初めて資産計上しなければならないリース契約が生じたということで、「あれ?表示はどうするんだったかな・・・」と思いました。

すなわち、リース資産を「リース資産」として表示しなければならないのか、「車両運搬具」のような各科目に含めて表示しなければならないのかという疑問です。

「リース資産」として表示した会社もあったけど、この間の会社では各科目に含めていたような・・・

基準を見直してみると、第16項に「リース資産については、原則として、有形固定資産、無形固定資産の別に、一括してリース資産として表示する。ただし、有形固定資産又は無形固定資産に属する各科目に含めることもできる。」と書いてあります。

結局のところ「リース資産」として表示するのが原則ですが、各科目に含めてもよいということでどちらも可ということです。

どうりで両方見たような気がしたわけです。

なんとなく惰性で業務をこなしていたことを反省した出来事でした。

日々成長。

関連記事

  1. 復興特別法人税が実効税率に与える影響-早ければ3Qから

  2. 不適正意見・意見不表明と上場廃止基準の関係

  3. 財務諸表の作成及び表示に関するフレームワーク(IFRS)

  4. KAM導入の監査基準改訂案が了承されたそうです

  5. 清流監査法人に業務改善命令

  6. 遡及修正が実務上不可能な事例-平成26年3月期

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,373,097 アクセス

ページ上部へ戻る