閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。

被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。

「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合は被扶養者となります。」(社会保険庁HPより)

さて、ここで「年間収入」の部分が問題となります。すなわち、個人事業主の場合の年間収入は売上高なのか、利益の額なのかです。

基本的に所得税法上の扶養に入れる範囲であれば、健康保険でも被扶養者として扱われるのが通常です。このことから考えると利益の金額で判断して問題ないと考えられます。(青色申告控除等があるため一般的に利益>所得のため)。

ただし、利益が130万円を超えてしまっていても、一時的なものであればよいとしてくれる等、実際の取り扱いは健康保険組合等によって異なるので、御自分の加入されている健康保険組合あるいは協会けんぽに問い合わせてみるのが一番確実です。

日々成長。

関連記事

  1. 会社によるメールのチェックはプライバシー権に反するか

  2. 消費税増税に続き、平成27年1月1日以降は高額療養費も負担増にな…

  3. ブラックバイトを巡る初の訴訟の第1回口頭弁論が開催されました

  4. 残業月80時間未満で過労死認定?

  5. 精神障害を事由とする労災申請(その3)

  6. 決算賞与の損金算入―賃金規程にも注意!




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,161 アクセス
ページ上部へ戻る