閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

妻が個人事業主の場合、夫の健康保険の被扶養者になれる範囲

今回は、妻(夫)が個人事業主として収入を得ている場合、夫(妻)の健康保険の被扶養者になれる範囲についてです。

被保険者と同一世帯に属している場合の被扶養者になることができる収入面の要件は以下の通りです。

「認定対象者の年間収入が130万円未満(認定対象者が60歳以上またはおおむね障害厚生年金を受けられる程度の障害者の場合は180万円未満)であって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合は被扶養者となります。」(社会保険庁HPより)

さて、ここで「年間収入」の部分が問題となります。すなわち、個人事業主の場合の年間収入は売上高なのか、利益の額なのかです。

基本的に所得税法上の扶養に入れる範囲であれば、健康保険でも被扶養者として扱われるのが通常です。このことから考えると利益の金額で判断して問題ないと考えられます。(青色申告控除等があるため一般的に利益>所得のため)。

ただし、利益が130万円を超えてしまっていても、一時的なものであればよいとしてくれる等、実際の取り扱いは健康保険組合等によって異なるので、御自分の加入されている健康保険組合あるいは協会けんぽに問い合わせてみるのが一番確実です。

日々成長。

関連記事

  1. 17年1月1日施行の育児介護休業法改正内容を確認(その1)

  2. 傷病手当金の代理受領は違法?

  3. 「定額残業代」の支給は「手当方式」と「組み込み方式」のいずれを採…

  4. 厚生年金基金の特例解散とは?

  5. 経団連が深夜業の割増賃金の緩和を求める??

  6. 厚労省HPで労基法違反で送検された企業名が公表されました

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,396,973 アクセス

ページ上部へ戻る