閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税額控除とか方法はあるのでは?

東日本大地震の被害状況が刻一刻と明らかになってくるのと同時に、テレビ局やインターネット上で救援募金の受付が開始されています。

このような民間の取り組みは素晴らしいことだと思いますが、こういう時こそ国が早急に寄付金等の税額控除等の措置を設けてマスコミ等の協力を得て大々的に募金を募集すべきではないのかと思ってしまいます。

このような大規模の災害に対しては国が国民に対して一定の責任を負うべきと考えられますので、国は復興に対して相当の支援をする必要があり、もちろん資金も相当必要になると考えられます。

最終的には、寄付金控除等の措置が取られるとは思いますが、このような震災直後の方が募金は集まりやすいと思いますし、税金で取られるか自発的に寄付するかの違いに過ぎないとも言えますが、私であれば明らかに有意義な使い道をされる方を選択します。

日本の財政状態を考えると支援予算が本当に必要なレベルよりも低くなってしまうことも考えられます。だとすれば、全額税額控除の募金という形式をとることで、国民の承認が得られている資金を調達し早急に復興に着手するという方法もあるのではないかと思います。

もちろんそのような税制面の措置がなくても、ある程度募金はあつまり、意識の高い企業からは支援金が集まるかもしれません。

ですが、法人に対しては被災地に現物でも支援した場合には、原価相当額の税額控除を認める等の措置があれば、民間の力で現地で必要とされている物資が集まりやすくなるかもしれません。

善意の取り組みは称賛されるべきものですが、多少いやらしい方法に思えても、被災地に必要な物資等が必要な時期に届くことが何よりも重要ですので、国は柔軟に方法を考えるべきだと思います。

今必要なのは、決して「節電啓発担当相」とかいう役職を設けることではないのではないでしょうか。

日々成長

関連記事

  1. 3年目に突入

  2. 尖閣諸島問題

  3. Dysonハンディ掃除機DC16のリフレッシュ

  4. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです

  5. ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

  6. 携帯電話の電磁波が人体に及ぼす影響




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る