閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  2. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  3. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  4. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  5. カタログの「総額表示」対応
  6. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  7. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  8. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  9. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  10. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2011年3月期から適用開始となる新基準一覧

今回の3月決算で、会社法の計算書類の注記を作成していて再度、今期から適用開始となる新基準を確認しました。

基準を一覧にまとめると以下のとおりです。

会社法の計算書類(単体)のみの場合だと、関連するのは資産除去債務と棚卸資産の基準ですが、棚卸資産については従来、後入先出法を使用していなければ特に新基準の適用について記載は不要だと考えられます。私の場合は結局、記載が必要なのは資産除去債務だけということになりました。

日々成長

関連記事

  1. 会計士の税理士登録-税法科目合格は見送りへ

  2. 「減価償却に関する当面の監査上の取扱い」の改正-200%定率法対…

  3. 第1四半期のCF計算書の開示状況-開示をやめたのは3社

  4. オリンパス社の「のれん」の内訳が開示されました-金融機関向け説明…

  5. 四半期財務諸表に関する会計基準および適用指針の改定

  6. 会社法計算書類の経団連ひな形の改正

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,870,137 アクセス
ページ上部へ戻る