閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表
  2. パワハラ対策義務化の確認(その2)
  3. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  4. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  5. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  6. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  7. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  8. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  9. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  10. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2011年3月期から適用開始となる新基準一覧

今回の3月決算で、会社法の計算書類の注記を作成していて再度、今期から適用開始となる新基準を確認しました。

基準を一覧にまとめると以下のとおりです。

会社法の計算書類(単体)のみの場合だと、関連するのは資産除去債務と棚卸資産の基準ですが、棚卸資産については従来、後入先出法を使用していなければ特に新基準の適用について記載は不要だと考えられます。私の場合は結局、記載が必要なのは資産除去債務だけということになりました。

日々成長

関連記事

  1. 過年度遡及修正による申告調整(その1)-国税庁による解説資料

  2. 2012年上期のIPOは17社

  3. グループ法人税(その5)-繰延譲渡損益の実現(続き)

  4. プレミアドメインの取得費用の処理は?

  5. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その2)

  6. 債権債務の相殺消去等で生じた換算差額の処理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,344,539 アクセス
ページ上部へ戻る