閉じる
閉じる
閉じる
  1. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?
  2. 「みなし大企業」の範囲を確認
  3. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案
  4. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催
  5. ハイブリッド型バーチャル株主総会って何
  6. 雇用者給与等支給増加額を事後的に増額する更生請求は認められない
  7. 償却資産の申告制度見直しの動向
  8. 「株式の保有状況」の改正を再確認
  9. 税理士の懲戒処分は3割が名義貸し
  10. 上場企業による不正を発生原因や類型の調査結果
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Twitterはまだ伸びる?

震災時に連絡手段として再度注目されたTwitterですが、米国の調査会社eMarketerによれば、2010年はTwitterが広告販売を開始した年で、その年間収入は4500万ドルであったが、これが2011年は1億5000万ドルとなり、2012年は2億5000万ドルにまで拡大すると予測されています。

ようやく収益化がみえてきて、Facebookにより薄くなってきた存在感を取り戻すのかと思いきや、2011/5/2号のFortune誌の表紙は以下のようでした。

記事の内容を読んでみると、基本的には創業者間のごたごたが今のTwitterの状況を示しているという感じの内容でした。アカウント数でいえば2億アカウント位あるものの半分はアクティブユーザーではなく、少なくともアメリカではTwitterの利用者がピークを過ぎ下落に向かっているということです。

(出典:Fortune 2011年5月2日号)

上記のとおり、Twitterのユーザーの7割はアメリカ国外で、アメリカ国外でのトラフィックは前年の83%増となっているそうです。ただし、海外においてもニュースヘッドラインのようにコンピューターによって発信されるものも多いので、実際に使用しているユーザーがどれだけいるのかは把握が難しくなっています。

日本人はTwitter好きと言われているらしく、日本ではまだ落ち目という感じはしませんが、アメリカ本土でこのまま縮小されていくとそのうち日本でもブームが去るのかもしれません。

日々成長

関連記事

  1. 物価上昇率2%はどの程度の水準か?

  2. ”メッシュ-すべてのビジネスはシェアになる”を読んで

  3. ドラギマジックが欧州を救った?

  4. 2012年上期のMBOは3社

  5. 2011年経済危機?

  6. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,120,929 アクセス
ページ上部へ戻る