閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新「四半期決算短信様式・作成要領」

平成23年4月1日以後開始する事業年度の第1四半期決算より適用される「四半期決算短信様式・作成要領」が東京証券取引所から6月3日に公表されました。

基本的に「包括利益の表示に関する会計基準」(平成22年6月30日公表)及び「四半期財務諸表に関する会計基準」(平成23年3月25日公表)などの新基準に対応したもので、大きな変更はないようです。

新基準に対応した事項としては、以下の二つが変更になります。
①「四半期財務諸表に関する会計基準」に関連し、一株当たり純資産の開示が不要になります。
②年度の決算短信と同様に包括利益の表示が求められるようになります。

(東証:「四半期決算短信様式・作成要領」より抜粋)

なお、「四半期決算短信様式・作成要領」は以下から入手できます。
http://www.tse.or.jp/rules/kessan/quarter/q-yoryo/index.html

日々成長。

 

関連記事

  1. 株主総会の延期は可能(法務省見解)

  2. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨…

  3. 会計監査人の新日本監査法人からの変更はいまのところ8社

  4. 会計帳簿閲覧権の対象となる「会計帳簿又はこれに関する資料」は資料…

  5. 改正会社法(その1)-指名委員会等設置会社等

  6. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,295,099 アクセス
ページ上部へ戻る