閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書類送付を頼まれて書類を送付したら、顧客を奪うのに協力したと訴えられた…
  2. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?
  3. 「みなし大企業」の範囲を確認
  4. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案
  5. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催
  6. ハイブリッド型バーチャル株主総会って何
  7. 雇用者給与等支給増加額を事後的に増額する更生請求は認められない
  8. 償却資産の申告制度見直しの動向
  9. 「株式の保有状況」の改正を再確認
  10. 税理士の懲戒処分は3割が名義貸し
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新「四半期決算短信様式・作成要領」

平成23年4月1日以後開始する事業年度の第1四半期決算より適用される「四半期決算短信様式・作成要領」が東京証券取引所から6月3日に公表されました。

基本的に「包括利益の表示に関する会計基準」(平成22年6月30日公表)及び「四半期財務諸表に関する会計基準」(平成23年3月25日公表)などの新基準に対応したもので、大きな変更はないようです。

新基準に対応した事項としては、以下の二つが変更になります。
①「四半期財務諸表に関する会計基準」に関連し、一株当たり純資産の開示が不要になります。
②年度の決算短信と同様に包括利益の表示が求められるようになります。

(東証:「四半期決算短信様式・作成要領」より抜粋)

なお、「四半期決算短信様式・作成要領」は以下から入手できます。
http://www.tse.or.jp/rules/kessan/quarter/q-yoryo/index.html

日々成長。

 

関連記事

  1. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日

  2. 特例有限会社から大会社になった場合の監査役に業務監査まで必要か?…

  3. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

  4. 配当の効力発生日は総会の翌日でなければならないのか?

  5. 株主総会の基準日変更-今年は0社(全株懇調査)

  6. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,123,633 アクセス
ページ上部へ戻る