閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

基本手当日額の上限額引き上げ-平成23年8月1日より

平成18年以来5年ぶりに、雇用保険の「基本手当日額」の上限額が引き上げられました。

厚生労働省の説明によると、「今回の引上げは、基本手当の算定基礎となる「賃金日額」の下限額の引上げなどを内容とする「改正雇用保険法」が8月1日に施行されること、また平成22年度の平均給与額(「毎月勤労統計調査」による毎月きまって支給する給与の平均額)が、平成21年度と比べて約0.3%上昇したことに伴うもの」とのことです。

変更前後の年齢区分別の上限額は以下のようになっています。

(厚生労働省作成 リーフレットより抜粋)

また、基本手当日額の下限額は、年齢に関係なく1600円から1864円に変更されています。

簡単に賃金日額について確認しておくと、賃金日額は、離職前6か月間における1日当たりの平均賃金額を意味します。そして基本手当の日額については、この賃金日額に給付率を乗じた金額として計算されます。
給付率は45%から80%の範囲で、賃金日額が高いほど給付率は低くなります。なお給付率45%は60歳~64歳のみに適用され、59歳までの場合は最低でも給付率は50%となっています。

一般的に給料が上がっている感じはしませんが、30代で失業したとすると30日で約20万円となります。住宅ローンなどを抱えていると、すぐに仕事が見つからないと厳しいですね。

とはいえ、給付額が少しでも増えるのは失業者にとってはありがたいことだと思います。

日々成長。

関連記事

  1. 野村不動産、営業職に裁量労働制?

  2. 従業員持株会(その1)-導入割合と奨励金の水準

  3. 育児休業期間中に賞与を支給した場合の社会保険料の取扱い

  4. 育児休業給付と介護休業給付の最高限度額も引き上げられます

  5. 月80時間の基本給組み込み型の固定残業代が有効と判断された事案

  6. 適格退職年金の税制優遇措置は平成24年3月末までですが・・・




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,820,523 アクセス
ページ上部へ戻る