閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正会社法を確認(その2)-株主総会に関する規律の見直し1
  2. 新型コロナウイルス対策で従業員に出勤停止を命じたら休業手当は支給が必要…
  3. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表
  4. パワハラ対策義務化の確認(その2)
  5. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  6. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  7. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  8. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  9. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  10. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

育児休業給付と介護休業給付の最高限度額も引き上げられます

平成23年8月1日から、雇用保険の「基本手当日額」の最低支給額、最高限度額が5年ぶり引き上げられるという点については昨日のエントリで記載しました。

これは、基本手当日額の計算の前提となる賃金日額の限度額が引き上げられることによります。この影響で、基本手当のみでなく、育児休業給付や介護休業給付の支給限度額も以下のように引き上げられています(同じく8月1日より)。

(厚生労働省リーフレットより抜粋)

育児休業給付も介護休業給付も上限額が約1万円あがっていますので、受給中の方にはありがたい改定です。

なお、昨日のエントリで記載しませんでしたが、再就職手当の給付率についても8月1日より以下のように改正されています。
①給付日数を 1/3以上残して就職した場合
給付率30%(原則)→ 40%(現在の暫定措置)→ 50%(恒久化)

②給付日数を 2/3以上残して就職した場合
給付率30%(原則)→ 50%(現在の暫定措置)→ 60%(恒久化)

日々成長。

関連記事

  1. 若者チャレンジ奨励金が各都道府県で続々と終了しています

  2. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案

  3. 計画停電時の休業手当の要否(厚生労働省通知)

  4. 前後の休職の通算と就業規則

  5. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  6. 平成28年度労働保険年度更新手続の変更点等

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,361,167 アクセス
ページ上部へ戻る