閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

ANAカードで貯めたマイルをeクーポンへ

ANAのクレジットカードでマイルを貯めているので、極力支払はクレジットカードを利用します。

コンビにでもクレジットカードが利用できますが、さすがに数百円の買い物をクレジットカードで買うのは気がひけますが、IDカードを発行すれば何の気兼ねもなく使用できます(少なくとも私は)。コカコーラの自販機も最近ではIDを使用できるものが多いのでクレジットカードで支払います。

たまにマイルがあたるキャンペーンみないなクレジットカード会社がやっているキャンペーンがあれば必ず申し込みます。

そんなこんなで貯めたマイルで特典旅行券の予約を取ろうとすると、これがなかなか難しい。少なくともみんなが休みのシーズンに利用するのは、ほとんど期待できません。電話で問い合わせれば空席待ちになっている場合に何人まっているかは教えてもらえるので、空席待ちで申し込む前に確認しますが、土曜日などは結構な人数が既に空席待ちを狙っていることが多いです。

空席待ちの場合2週間前までに予約が確定しないともうとることはできません。ホテル等の都合もあるのでさすがによほどスケジュールに余裕がない限りはなかなか利用が難しいといえます。

今回も11月に利用しようと空席待ちを入れましたが、どうやら難しいそうなので、どうしようかな?と考えていたら、12000マイルを18000円分のクーポン(ANA運行便のみ使用可能)に変換できるという選択肢があることに気づきました。

特典旅行枠は空いていなくても、通常の割引運賃であれば空席があることは確認できました。特典旅行を利用しても、燃料サーチャージや税金分の費用はかかるので、家族で約11万円は支払が必要となります。一方で、マイルをすべてクーポンに変換して使用すれば約16万円で予約が確定できます。

当然といえば当然ですが、クーポンに変えると金額的には不利になります。ただ一方で、追加の費用を許容すれば、予約が確定でき選択肢も広がります。

5万円で悩みましたが、悩んでいて旅行にいけなくなっては元も子もないので、覚悟を決めてクーポンに変換し航空券を購入しました。
なお、クーポンに変換して航空券を購入した場合は、普通の航空券と同じようにマイルがたまるという点は特典旅行とは異なります。

また、一からマイルを貯める日々が始まります。

日々成長。

関連記事

  1. ワンデープロシーが少し安くなっています

  2. 福島原発の現状

  3. 今日はお休みします・・・

  4. ECO名刺

  5. Google画像検索 vs クックパッドプレミアムサービス(どん…

  6. Dysonハンディ掃除機DC16のリフレッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,999,183 アクセス
ページ上部へ戻る