閉じる
閉じる
閉じる
  1. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  2. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  4. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  6. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  7. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  8. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
  9. 時価の算定に関する会計基準(その2)
  10. 全額損金算入タイプから払済保険への変更も洗替処理が必要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY CLIENTSは中国政府系のファンド?

『2012年、日本経済は大崩壊する!』?」という何日か前のエントリで「2012年、日本経済は大崩壊する!」(朝倉慶 著)という書籍を紹介しましたが、読み終わってもう一つ紹介したいことがあったので、今日はそのことについて書きます。

同書の後半に「OD05・オムニバスチャイナトリーティ808150」というファンドの話が出てきます。筆者が曰く、中国政府系のファンドで、目立たないように日本の名だたる企業の大株主(上位10位)になっているというのです。しかも、当初は上記のような名前であったところ中国系だということが話題となると「チャイナ」をとった名前に変更したというのです。

三菱UFJ FG、三井住友FG、三菱商事、キヤノン、武田薬品、NEC、日立、東芝、SONY、富士通、三井物産、NTT、ソフトバンク、ファナック、小松、任天堂、三菱地所、日産、セブン&アイなどの上位株主に名を連ねているということです。

本当か??ということで、実際に上記のうちの数社について平成23年3月期(ないし平成22年12月期)の事業報告書の大株主の部分を確認してみました。

その結果、「SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY CLIENTS」という名前のファンドが上位10位の株主に入っていることが確認できました。

例えば、以下のように三菱UFJ FGの場合、保有比率は2.13%となっています。もちろんどのタイミングで取得したかによって変動しますが、現在の時価総額が約5兆円であることからすると三菱UFJ FGだけでも1000億円は必要となる計算となります。

他の企業も相当な資金が必要で、資金力があるファンドであることは確かなようです。



(平成23年3月期三菱UFJ FG 事業報告書より)


(平成22年12月期 キヤノン )


(平成23年3月期 SONY)

(平成23年3月期 三菱商事)

他の会社は省略しますが大体2%前後の持株比率となっています。上位10位に入っていないだけで、実際にはもっと多くの会社の株式を購入しているものと想定されます。
中国資本?おそるべしというところでしょうか。


日々成長

関連記事

  1. 2012年11月の金融円滑化法利用後倒産件数はやや減少―帝国デー…

  2. 「第二会社方式」とは?(その2)

  3. 金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバ…

  4. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  5. <林原>事業再生ADRを申請 巨額投資が経営を圧迫

  6. 2013年12月の金融円滑化法利用後倒産は30件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,697,911 アクセス
ページ上部へ戻る