閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

損賠賠償の支払と他社への求償金額は総額表示 or 純額表示?

A社から損害賠償の請求を受けたものの、その損害の原因がB社にあってB社に損害賠償を請求した場合に、A社への支払とB社からの賠償金の受取は損益計算書上、総額で表示すべきか純額で表示すべきでしょうか?

仮にA社からの請求額が100、B社への請求が95であった場合、純額の5を当社の帰責部分と考えて「損害賠償金」等の科目で損益計算書に表示すべきか、「損害賠償金100」、「受取損害賠償金95」とすべきかという問題です。

上記の例であれば、何らかの金額が損益計算書に表示されますが、A社からの請求とB社への請求が同額であれば、純額表示の場合、損益計算書には何ら表示がなされないという違いがあります。

原則的に考えれば、企業会計原則では総額主義の原則がとられている以上、例え同額であったとしても両建てで計上すべきだと考えられます。少なくとも同額であれば純額、差額が生じていれば総額で表示するというのは整合性を欠いているので妥当ではないと考えられます。

また、A社からの請求とB社への請求が期をまたいだような場合に、純額表示を徹底しようとすると、B社からもらえる額が確定するまではA社からの請求額を費用(損失)として計上することはできないということになってしまします。仮に期をまたいだ場合にB社への請求額を収益(利益)に計上するのであれば、結局のところ総額表示を行っていることになります。

上記のような損害賠償のケースはあまりないかもしれませんが、例えば自動車保険を使用したような場合にも上記の議論は当てはまります。

例えば、免責金額0の自動車保険に加入している場合で、事故等で車を修理し全額自動車保険で填補されたとします。特に、保険会社から修理業者へ支払がなされたような場合には会社にお金が入ってくるわけでも出ていくわけでもないので何ら会計処理を行わなくてもよいように思えますが、原則的には修繕費と受取保険金を総額(両建て)で計上すべきと考えられます。
この場合、両建てで計上すると修繕費に対する消費税が計上されることになるので消費税にも影響することになります。

なお、為替差損益は為替差益と為替差損を相殺して表示することになりますが、これは「外貨建取引等の会計処理に関する実務指針」の第28項において純額で損益計算書に表示するとされていることによります。仮にこのように定められていなければ、面倒でも両建てで表示する必要があるものと考えられます。

日々成長

 

関連記事

  1. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案

  2. 会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響な…

  3. 資産除去債務の簡便法で割引を行っている事例

  4. 決算短信の業績予想開示に自由記載形式が認められました

  5. キャッシュ・フロー計算書における為替差損益の取扱い

  6. 前受収益に適用されるのは正常営業循環基準 or 1年基準

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,040 アクセス
ページ上部へ戻る