閉じる
閉じる
閉じる
  1. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  2. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  3. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  4. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  5. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  6. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  7. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  8. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  9. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  10. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

最近1週間読まれている記事を表示するプラグイン-WordPress

先週WP-PostViewsというプラグインを導入し、サイドバーに閲覧数の多い記事を表示するようにしていましたが、このプラグインだと累計の閲覧数が多いものが表示されます。

たまに「今日読まれている記事」とか「今週読まれている記事」が表示されているサイトを見かけてこんな感じで表示できればいいなと思っていましたが、Wordpress Popluar Postsというプラグインを利用すればそれが実現できることが分かりました。

導入方法は簡単で、以下のサイトからプラグインのファイルをダウンロードします。

http://wordpress.org/extend/plugins/wordpress-popular-posts/

他のプラグインと同様に、ダウンロードしたZipファイルを解凍し、アップロードし、管理画面のプラグインでWordPress Popluar Postsを有効化します。

ウィジェットの設定画面に、”Wordpress Popluar Posts”ができているはずなので、自分が設置したい箇所に配置します。
Titleを自分の表示したい内容に変更し、Time rangeを選択します。私の場合はとりあえず直近7日間を選択しましたが、このほか”today”、”Last 30days”、”All time”とあります。

最低限やることはこれだけです。あとは細かなチェックボックスがありますが、これはおいおい試して行こうと思います。

なお、導入直後から集計が始まるので、導入直後は以下のように表示されることになります。

やはりプラグインは便利ですね。

日々成長

関連記事

  1. .com/wordpress/というURLから/wordpres…

  2. 人気のある記事を表示するプラグイン-「WP-PostViews」…

  3. テーマ(ブログの外観)の入れ替えを目論んでいますが・・・

  4. スマホサイトの情報ポータルページについて

  5. 急にスパムのコメントが増えた!-Akismetはどうすれば。。。…

  6. Googleの検索向けAdsenseを導入する-WordPres…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,705,060 アクセス
ページ上部へ戻る