閉じる
閉じる
閉じる
  1. YouTuberへのロイヤルティに係る源泉徴収は外税控除不可
  2. 監査工数の増加等を理由に監査人交代で大手が後任に
  3. 会計限定監査役への損害賠償請求事件が最高裁へ
  4. オーナー企業の上場会社の常勤(?)監査役がオーナー一族は支持されるのか…
  5. 「人材確保等促進税制」Q&A等が公表されていました(経済産業…
  6. 寡夫控除の所得要件を憲法違反と争うも敗訴
  7. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?
  8. ISDN廃止に伴う移行費用の税務上の取り扱い
  9. 監査報告書のXBRLタグ付けに要注意
  10. ISSがバーチャルオンリー株主総会開催のための定款変更に反対推奨
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Windows7でマルチモニタを使う-モニタが余っていれば効率的に作業が可能になります

随分前に”マルチモニタ”というエントリでWindows XPのノートPC+モニタの使用方法について書きましたが、Windows7のノートPCに買い換えたのでWindows7での使用方法について書くことにしました。

1.デスクトップ画面で右クリック

2.上記の画面の下から3番目「画面の解像度」をクリック(個人的には「個人設定」の方が分かりやすい気がしますが・・・)

3.初期設定では上記のような画面が表示されると思いますので、”複製のディスプレイ(M)”で”表示画面を拡張する”を選択

4.自分のノートPCとモニタの位置関係にあわせて、モニタの配置をドラッグして調整します。私の場合はノートPCと外部モニタを上下で使用しているため以下のようになります。

5.最後に「適用(A)」ボタンをクリックして終了です。

すると上下が別のモニタのように使用可能で、例えば外部モニタに資料を表示しながら、ノートPCの画面で文書を作成するというような使い方が可能となります。あるいは、Excelファイルを別々に表示して作業が可能になります(これは一つの画面に並べて表示してもできますが、通常非常に見にくく正直あまり効率的ではないのではないかと思います)。

担当している業務内容によると思いますが、一度慣れてしまうと外部モニタがないと非常に不便に感じるようになります。

日々成長。

関連記事

  1. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

  2. iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTO…

  3. マウスの水平スクロール

  4. 格安(年間1000円程度)で独自ドメインのメールアドレスを取得す…

  5. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

  6. FastStone Capture

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,172,637 アクセス
ページ上部へ戻る