閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

忘年会費用の税務上の取扱い

一定の業界を除いて明日が最終営業日である会社も多いと思いますが、12月は連日忘年会という方もいらっしゃったのではないでしょうか。

今回は、会社(業務)で開催された忘年会の費用の税務上の取扱いについてです。

一般的には以下の三パターンの取扱いが考えられます。
(1)福利厚生費として損金算入が認められる
(2)交際費として取り扱われる((全部または一部が)損金算入できない)
(3)参加者に対する給与として取り扱われる。

もちろん会社としては(従業員等にとっても)(1)として処理できるのがありがたいですが、(2)あるいは(3)として取り扱わなければならないケースもあるので注意が必要です。

まず、従業員や役員を慰安するために行われる忘年会費用を福利厚生費として取り扱うことができるのは以下の二つの要件を満たす場合です。
①全従業員や役員を対象にして行われるものであること
②通常飲食に要する費用であること

上記①では全従業員となっていますが、大きな会社では会社の全従業員を集めて忘年会を開催するのは現実的ではありませんので、部門単位等で開催されるものであっても①の要件を満たすものと考えられます。
②については、曖昧ですが一般的な忘年会の費用からすると5千円~1万円の範囲が妥当な水準ではないかと思います。

次に交際費として扱われるケースの典型例は、取引先を接待する目的で開催される忘年会費用です。ただし、一人あたりの飲食費用が5000円以下で、一定の要件を満たせば税務上交際費として取り扱わないことが認められます。

最後に参加者にとって一番ありがたくない給与(賞与)として取り扱われるのは、特定の者だけが参加する忘年会です。この場合は、参加者の個人的な費用を法人が負担したことになるので、参加者に対する給与(賞与)として取り扱われてしまうので特に注意が必要です。さらに参加者に役員が含まれている場合は、役員賞与になってしまい損金算入できなくなりますので会社・役員ともにデメリットがあります。

やはり会社で行う忘年会ですから、大勢でやるか一人であっても取引先を呼んで行うというのが給与として取り扱われるのを防止する上では重要ではないかと思います。

日々成長

 

関連記事

  1. 印紙税の過誤納と還付

  2. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める

  3. 事業年度をまたいで事前届出金額と異なる金額で役員報酬を支給した場…

  4. 平成24年税制大綱-法人税

  5. 自己創設営業権は時価評価対象資産に該当するか?

  6. 地方法人税の仕組みを確認




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,851,699 アクセス
ページ上部へ戻る