閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

WordPress3.2以降へのバージョンアップ準備

しばらく前からWordpressのバージョンを更新してくださいというコメントが投稿画面の上部に表示されているのは気になっていましたが、先日覚悟を決めてバージョンアップしようとしたら、PHPのバージョンが対応していないというようなコメントが出てバージョンアップできませんでした。

現在表示されているバージョンはWordpress3.3.1で、実際使用しているのはWordpress3.1.2です。

何のことか、ネットで検索してみると、Wordpress3.2以降はPHPのバージョンが5.2.4以降でないと利用できないところ、私が利用しているWADAXの共用サーバーのPHPは上記より古いバージョンなので更新不可能ということがわかりました。

WADAXの共用サーバーでも、最近(といっても私が使用を開始したのも1年くらい前ですが)のサーバーのPHPは、Wordpress3.2以降に対応しているとのこです。
サポートに問い合わせてみたところ、新しいサーバーに無料で移動することは可能という回答を頂きました。

手続き的には「お客様情報変更フォーム」から正式に依頼するだけでよいとのことでした。そして1カ月以内に新サーバーへ移行を完了すればいいとのことです。

「?1カ月以内に新サーバーへ移行を完了すればいい」という回答からデーターの移行は自分で行う必要があると想像できましたが、念のため確認すると、やはりデータの移行は自分で行う必要があるということでした。

私の場合はこのブログを引っ越すだけで、ネットで検索すると比較的容易にできるような感じですが、サーバーのデータ移管などやったことがないのできちんとできるのかが不安です。
このような場合の移行マニュアルがあるかWADAXのサポートに聞いたところ、それはないということで、ますます不安になってきました。

さて、どうしたものか、と数日考えていましたが、とりあえず安いサーバーを契約して試してみることにしました。本当は、無料お試し期間が10日位あるサーバーで実験しようかと思っていましたが、Wordpress3.2以降に対応しているうえ、価格が安いQueen severというレンタルサーバーを発見したので、そちらを利用することにしました。

初期費用が1050円かかりますが、月額費用が120円で、通常は容量1GBのところ、今はキャンペーン中につき5GBとなっています。ただ、1年契約のみなので、2500円位かかりましたが、いままで書いたエントリがみれなくなるのはつらいことを考慮すれば実験費用としては許容できます。

また、ついでに以前は他の方が使用していて取れなかった.com ドメインが空いていたのでお名前.comでドメインも新たに取得しました。
実験後は、「番外編」として、ゆるいネタのブログを作成しようと思います。

では、実験開始。

日々成長。

関連記事

  1. WordPressのサーバーを移管する際のメモ(その1)

  2. アーカイブ画面の修正

  3. WordPressのサーバーを移転する際のメモ(その2)

  4. WordPress Popular Postsの順位(ページカウ…

  5. ブログデザインの変更

  6. WordPressにfacebookの「いいね!」ボタンを追加す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,197 アクセス
ページ上部へ戻る