閉じる
閉じる
閉じる
  1. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  2. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  3. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  4. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  5. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  6. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  7. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  8. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
  9. 日米租税条約改定議定書(2013年署名が発効)
  10. フィンテック企業のサービスを利用して海外子会社役員に株式報酬付与が広が…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ワンデープロシーが少し安くなっています

私が使用しているワンデープロシーがレンズモードの週末セールということで1箱1680円(送料込だと1980円)といつもより100円安くなっています。

私はワンデープロシーを使っているので、国内店で買うよりも安いですし(そもそもネット通販で取り扱っているお店もあまりありません)、処方箋もいらないので重宝しています。

しかし、ワンデーアキュビューの価格でみると、1790円(送料込みで2090円)となっていて、割高なようです。以前はもっと安かったような気がしますが、気のせいでしょうか・・・・

例えばワンデーアキュビュー90枚2箱セットで8860円(送料込み)なので、1箱あたり1447円の計算になります。このくらいの値段になると2週間使い捨てでケア用品代をかけるよりも割安な気がします。

ただこの通販を使用する上での、最大の問題点(?)は処方箋がいることです。

処方箋をとるのには、コンタクト販売店に併設されているような眼科に行ってコンタクト用の処方箋をもらってこればいいだけなので、費用はさほどかかりませんので、やはり面倒です。

コンタクト販売店に併設されている眼科は、通販でコンタクトをレンズモードを利用するようになるまで、何度も利用したことがありますが、正直なところ機械作業的で、きちんと見てもらっているという感じはしませんでしたが、そんな眼科での処方箋でもなければ購入できないということなので、安く済ませるためには処方箋をとりに行くしかないようです。

日々成長。

関連記事

  1. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです

  2. Kindle Paperwhiteを買ってみた

  3. 通販で買ったコンタクトが届きました-ワンデーアクエアプロシー(p…

  4. 「心を上手に透視する方法」とは?

  5. メガネも通販の時代?

  6. バイオメディックスワンデーエキストラもまずまず合格点のレンズでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,557,593 アクセス
ページ上部へ戻る