閉じる
閉じる
閉じる
  1. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  2. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  3. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  4. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  5. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  6. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  7. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  8. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  9. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
  10. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

FORTUNEが選ぶ10 BEST STOCKS FOR 2012

米国の株式市場は4年ぶりの高値をつけるなど回復の兆しをみせていますが、少し前にFORTUNEのSpecial Issueとして”Investor’s Guide 2012”という号がありました。

そのなかで、10 BEST STOCKS FOR 2012という特集が組まれていました。
気になる10銘柄ですが、以下の10社でした。

①APPLE
②CATERPILLAR
③ENBRIDGE ENERGY PARTNERS
④GOODYEAR TIRE
⑤HALLIBURTON
⑥INTEL
⑦JOHNSON CONTROLS
⑧LOCKHEED MARTIN
⑨MICROSOFT
⑩ROYAL BANK OF CANADA

なお、上記は紹介されている順番に記載しただけで、特に1番がAppleということではないようです。
各銘柄について半ページ位のコメントが記載されています。例えばAppleについては以下のような内容が記載されていました。
・利益が株価の上昇の二倍上昇しているのでPERも14倍から10倍に落ちている。
・ジョブズ氏が亡くなったのは痛いが、だからといってAppleの成長に疑問を呈するほどではない
・アナリストは2012年の1株利益が30%上昇すると予想しており、アップルはウォールストリートの予想を上回る結果を残してきた
・タブレット市場は6400万台(2011年)から2014年には3億2600万台に成長すると予想されている
・スマートフォンは2012年に 33%増加すると見込まれている
・iPhone4Sの人気がすごく、他の競合は第4四半期の予想を最大23%引き下げざるを得なかった。
・Appleは従来配当を行ってこなかったが、260億ドルの現預金と短期投資を有しており、ジョブズ氏の後任ですTim Cook氏は配当に対し否定的な考え方を抱いていないようである。
・配当されるようになれば、Apple株に対する新たな需要を生み出し株価が上昇する要因となる。

この記事が載ったのは2011年12月26日号で、その時のAppleの株価は376ドルとなっていますが、現在のアップルの株価は459ドルで20%以上の上昇となっています。
2012年1月24日に発表された2011年10月~12月期の決算が、売上高が前年同期比73%増の463億3300万ドル、純利益が約2.2倍の130億6400万ドルだったことをうけてのものだと思いますが、?それにしても1カ月くらいでこれほどまでに上昇するのはすごいですね。

その他の銘柄も興味があるかたは上記のFORTUNE誌を読んでみてください。

現在は増えているのかもしれませんが、米国の株式を買うことができるインターネット証券としては楽天証券があります。数多くの海外ETFも取り扱っているので、個々の銘柄への投資は怖いという場合にはETFを購入するというのも一案です。

日々成長。


 

関連記事

  1. さっさと不況を終わらせるには?-「さっさと不況を終わらせろ」(ポ…

  2. レベル7と東電株価

  3. facebookのページを簡単に作れるアプリ-neo appsu…

  4. 日産自動車の配当利回りは4.62%

  5. 「第二会社方式」とは?(その2)

  6. SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,766,368 アクセス
ページ上部へ戻る