閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

メガネも通販の時代?

コンタクトの購入で利用しているLENSMODEから、「【おかげさまで大盛況!お急ぎ下さい!☆発売記念キャンペーン中!】」というタイトルのメールが届きました。

何の発売記念かと思ったら、メガネの取り扱いを始めたとのことでした。

で、メガネ一式(フレーム・レンズ・ケース・メガネ拭き)の価格が、発売記念で1800円~となっていました。といっても、通常価格も2600円~ということなので、かなりお買い得感は漂っています。

「1800円~」という部分が気になったので、確認してみると、基本的には1800円ですが、レンズを薄型非球面レンズにするとプラス1260円となるようです。
この他、送料が800円かかるので、今回のキャンペーンで?薄型非球面レンズを選択したとすると、合計で3860円となります。

ただし、メガネでいえば、「J!NS」でもフレームによっては5000円程度で薄型非球面レンズのメガネを購入できるので、実物を見て購入できるという利点や、微調整をしてもらえることを考慮すると「J!NS」も捨てがたいように思います。

コンタクトを愛用しているとメガネはあまり使用することがありませんが、災害時などはコンタクトも入手できないと思いますので、メガネも予備を持っておいた方がいいような気がしています。

これを機会に、メガネを注文しようかと思ったら、男性用の定番品はすでに品切れになっていました・・・

日々成長

関連記事

  1. 需給逼迫による計画停電の実施と一層の節電のお願いについて

  2. 「心を上手に透視する方法」とは?

  3. Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…

  4. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです

  5. ワンデープロクリア(日本名:ワンデーアクエアプロシー)が今なら1…

  6. Dysonのハンディ掃除機 DC16をリフレッシュしたいが・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,492 アクセス
ページ上部へ戻る