閉じる
閉じる
閉じる
  1. 源泉徴収推計課税の明確化などが図られる-令和2年度改正
  2. 懲戒請求に被超会社の意思確認は必要なし
  3. 2019年12月17日に上場予定のfreeeが社宅管理関連のプロダクト…
  4. 消費税の増税で顧問料等に係る源泉税の取扱いが話題に?
  5. 領収書「但し書き」が空欄に「追記」はさすがにアウト
  6. 富裕層に対する追徴税額が過去最高になったそうです
  7. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理
  8. 帳簿の提示を拒み続け約29億円を納付
  9. 有価証券報告書の訂正報告書提出が増加傾向?
  10. デロイトトーマツコンサルティングで異常な退職引き留め?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本株復活?

先日日経平均が1万円を回復し、電車内の吊革広告などに「日本株復活!これからの上昇期待銘柄XX社」みたいな雑誌広告を目にします。

日本は失われた20年と言われるように、最近20年はぱっとしませんし、すでにピークは過ぎ去ったいう人すらいます。

そんな状況にある日本ですが、最近10年間の日経平均はどのように変動してきたかイメージできるでしょうか?株価の推移に関連性が強い仕事に就いている方は当然のことのように理解されているかもしれませんが、一般的にはそれほど明確にイメージできないかもしれません。

そこで、Yahooファイナスで最近10年の日経平均の推移を確認してみると以下のようになっていました。

(出典:Yahooファイナンスより)

自分のイメージと比較して、実際の推移はどうだったでしょうか?株価が上昇した要因、下落した要因を事後的に色々と名付けることは可能ですが、そのような上昇・下落要因は今後も発生するとするならば、日経平均が1万円に戻ったところで「日本株復活!」というのは、????という感じがします。

ある程度長期的な視点でデータを確認してみるということの重要性をあらためて感じました。

日々成長

関連記事

  1. ANAのマイレージeクーポンがSKYコインと呼ばれるようになって…

  2. 住宅ローンの低金利競争

  3. 日本国債の格下げ

  4. 増税なき復興債発行の可否について(その2)

  5. 「生活保護 3.7兆円が日本を蝕む」-週刊ダイヤモンドより

  6. グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,018,214 アクセス
ページ上部へ戻る