閉じる
閉じる
閉じる
  1. ESG指標に連動するPSUの一部を損金算入した事例
  2. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  3. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  4. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  5. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  6. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  7. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  8. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  9. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  10. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本株復活?

先日日経平均が1万円を回復し、電車内の吊革広告などに「日本株復活!これからの上昇期待銘柄XX社」みたいな雑誌広告を目にします。

日本は失われた20年と言われるように、最近20年はぱっとしませんし、すでにピークは過ぎ去ったいう人すらいます。

そんな状況にある日本ですが、最近10年間の日経平均はどのように変動してきたかイメージできるでしょうか?株価の推移に関連性が強い仕事に就いている方は当然のことのように理解されているかもしれませんが、一般的にはそれほど明確にイメージできないかもしれません。

そこで、Yahooファイナスで最近10年の日経平均の推移を確認してみると以下のようになっていました。

(出典:Yahooファイナンスより)

自分のイメージと比較して、実際の推移はどうだったでしょうか?株価が上昇した要因、下落した要因を事後的に色々と名付けることは可能ですが、そのような上昇・下落要因は今後も発生するとするならば、日経平均が1万円に戻ったところで「日本株復活!」というのは、????という感じがします。

ある程度長期的な視点でデータを確認してみるということの重要性をあらためて感じました。

日々成長

関連記事

  1. パナソニックといえども苦しいようですね-更なる下方修正はあるのか…

  2. 多数決は正しい?データからは問題なさそうな英国がEUを離脱した今…

  3. さっさと不況を終わらせるには?-「さっさと不況を終わらせろ」(ポ…

  4. FORTUNEが選ぶ10 BEST STOCKS FOR 201…

  5. 中国経済のバブルは継続するか?(その2)

  6. たばこの値上げによる税収への影響の議論はありますが・・・

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,278,079 アクセス

ページ上部へ戻る