閉じる
閉じる
閉じる
  1. 清流監査法人に対し行政処分を勧告
  2. 収益認識会計基準ー28社が早期適用【経営財務誌調べ】
  3. 三菱ケミカルホールディングスが任意でKAMの報告を受領
  4. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  5. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  6. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  7. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  8. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  9. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  10. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

iPadで無料でExcelなどが使えるONLIVE DESKTOPをインストールしてみました

先日、マイクロソフトのWord、Excel、PowerPointが無料でiPadで使用できるOnLive Desktopがマイクロソフトから正式なライセンスを受けていないことが明らかになったという内容の記事を読みました。

マイクロソフトのWord、Excel、PowerPointが無料でiPadで使用できる???

そんなアプリがあるのかと思ってOnLive Desktopを検索すると、確かにApple StoreでiPad用のアプリを無料で配信しているらしいということがわかりました。

ところが、早速アプリをダウンロードしてみようと思い、Apple Storeでアプリを検索してみても目当てのアプリが発見できません。
あれこれやってみてわかったのは、このアプリは米国内でのみ配信されているということでした。

というわけで、日本でいくら検索してみても発見できません。

しかし、あきらめ悪く、なんとか使用できる方法はないのかと調べていたら、ありました!

手順は以下の通りです。
1.PCでiTunesを開き、App Storeを開く。
2.ページの一番下に「国を変更する」という項目があるので、ここをクリックする。
3.国を選択できるのでアメリカを選択。
4. アメリカのサイトが表示されるのでOnlive Desktopを検索
5. すると以下のようなアプリが出てくるはずなので、「Free」を押してインストールしようとする

6.アメリカでのIDを持っていないので、 新規アカウントを作成する。
7.アカウントの作成が完了すると無事インストールすることができます。
8.そしてiPadを同期する。

アメリカのIDを作るのが、結構面倒ですがこれを乗り越えないと先へはすすめません。
なお、住所などは最低限必要な要件(例えば数字7ケタなど)を満たしていれば実在していなくても先に進めます。

なお、最初にIDを作成してからインストールしようとすると、クレジットカードなどの登録がMUSTとなってしまいます。そして、日本のカード番号を入れても米国に住所がないカードということで登録できません。
したがって、必ずフリーのアプリをインストールするところから登録をした方がよいようです。この場合は、支払方法の登録で「None」を選択することができます。

ということで、OnLive Desktopは月5ドル位で有料のサービスも提供しているのですが、米国で発行されたクレジットカードを持っているような場合を除き、このサービスを日本から申し込むのは難しいようです。

無料で使用できる容量は2GBで、PCからファイルをアップロードすることになりますが、閲覧だけでなく編集も比較的スムーズに行えます。
ただし、本来米国内でのみ提供のサービスであるため、日本語での入力はできません。この点を割引いても、あって損はないアプリではないかと思います。

日々成長。

関連記事

  1. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)

  2. マウスの水平スクロール

  3. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  4. ようやく解決-Buffalo ネットワーク対応HDD(NAS)へ…

  5. FastStone Capture

  6. 「どこでもシート」って便利ですよ

コメント

    • マサマサマサル
    • 2012年 4月 24日

    はじめまして、iPadでエクセルを使用したくて、ネットを調べておりましたら、
    このアプリが一月のアメリカで配信されたことを知りました。
    でも日本ではまだないのですよね。
    諦めていましたが、あなた様のお陰でダウンロードの仕方も確認できました。
    本当に参考になりました。
    頑張って、一度ダウンロードを試してみます。

    ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,275,542 アクセス
ページ上部へ戻る