閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  2. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  3. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  5. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  6. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  7. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  8. 契約負債に流動固定分類は不要?
  9. 改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです
  10. 会計士CPE履行要件を満たさない場合は登録抹消も視野に検討
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税(その9)-個別対応方式勘定別留意点3

今回は、『消費税「個別対応方式」適用ガイド』(あいわ税理士法人)において、個別対応方式の勘定科目別論点として取り上げられた項目で、“消費税(その8)-個別対応方式勘定別留意点2”までで積み残しになっていた項目のうち、重要そうなものについて書くことにします。

なお以下では、便宜上
「課税売上にのみ要するもの」を「課税扱い」
「課税売上と非課税売上に共通して要するもの」を「共通扱い」
「非課税売上にのみようするもの」を「非課税扱い」
と表記している箇所があります。

8.交際費

一般論としては、交際費は全社的な費用として「共通扱い」に区分されることが多いと考えられるものの、例えば、営業担当者が支出する課税製品の販売先との飲食代や、新規営業先との飲食代等については、売上との対応関係があるので、「課税扱い」に区分されることになります。

では、役員が支出した交際費に該当する飲食代の区分はどうなるのでしょうか。

この点については、「役員が支出した飲食代は、一般的には「課税売上と非課税売上に共通して要するもの」に区分されます。」とのことです。
ただし、「役員が支出した飲食代であっても、課税製品の販売先との飲食代など、課税製品の販売のために支出したものであることが特定できるものは、「課税売上にのみ要するもの」に区分されます。」

上記からすると、営業担当役員の場合は、基本的に「課税製品の販売のために支出したもの」であると考えられるので「課税扱い」に区分してよさそうです。

9.旅費交通費

『消費税「個別対応方式」適用ガイド』(あいわ税理士法人)では、旅費交通費について、通勤手当、移動に係る交通費、出張手当が取り上げられていましたが、このうち通勤手当について内容を確認します。

役員及び従業員の業務内奥に基づき、個々に判断する必要があるという基本的な考え方は同じです。したがって、例えば管理部門の従業員に対する通勤手当は「共通扱い」に区分することになります。

また、「工場に勤務する者に対して支給する通勤手当であれば、製品の課税売上のためだけに要した費用といえることから、肩書が役員となっている者や工場の事務部門に所属している者に対する通勤手当も「課税売上にのみ要するもの」に区分して問題ないものと考えられます」とされています。

日々成長

関連記事

  1. オリンパス株を減損したら、減損損失は損金算入できる?

  2. 償却対象となる美術品等の償却資産税の申告の取扱い

  3. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その2)

  4. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  5. 電子記録債権とは??-表示も気になります(その2)

  6. 返金伝票綴りで過怠税-「判取帳」って何?(印紙税)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,660,141 アクセス
ページ上部へ戻る