閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  2. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  3. 改正民法(その3)・・・危険負担
  4. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  5. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  6. 節税保険対応の通達改正案が公表
  7. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  8. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  9. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  10. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「業務会費」約8億円の未納って・・・

JICPAニュースレター11月号に「業務会費の納付問題の経緯及び今後の対応策について」という付録がついていました。

第46年度事業決算において約7億9千万円の未収業務会費を計上したことに関連したものす。どうやらJICPAニュースレター9月号でも触れられていたようですが、全く目をとおしていなかったので、何だこれ?と関心をもちました。

そして、会計士の年会費を払っていない人がそんなにいるのか?と全くの勘違いをしてしまいましたが、「業務会費」なので、法定監査を行った監査人が協会に収める上納金で未納が生じたということでした。

このような未納が発生した主な原因は、みすず監査法人の解散に伴う被監査会社等の移管に係る事務の混乱によるとされており、未収計上された大部分は現時点で納付されているとのことです。

約8億円も会費が未収でわからない位、業務会費収入が大きいのかという疑問に対しては、「業務会費収入の事業年度ごとの推移としては、内部統制監査が導入されたのが同時期にかかることから、これに伴う監査報酬の大幅増加が業務会費の納付漏れに伴う減少を打ち消してしまい、業務会費未納の事実を業務会費収入の推移から把握することは難しい状況であった」と述べられています。

JSOX導入で、それだけ監査報酬が上がったということなのでしょうが、内部統制監査導入で内部統制の不備に気が付かないというのは笑うしかありません。しかも会計士協会なのに・・・。

そして、今後はきちんとシステマチックにやりますというようなことが対応策として述べられていますので、きちんとやって下さいとしかいいようがありません。

日々成長

関連記事

  1. 過去10年で監査人を複数回交代した会社は148社-3年で交代が最…

  2. 顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」-フレッド・ライクヘルド

  3. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

  4. ”道具としての経営理論”

  5. 会社更生法はどんなもの?(その1)

  6. 円安でトヨタ自動車の業績改善は本当か?(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,819,920 アクセス
ページ上部へ戻る