閉じる
閉じる
閉じる
  1. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  2. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  3. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  4. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  5. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  6. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  7. カタログの「総額表示」対応
  8. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  9. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  10. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「業務会費」約8億円の未納って・・・

JICPAニュースレター11月号に「業務会費の納付問題の経緯及び今後の対応策について」という付録がついていました。

第46年度事業決算において約7億9千万円の未収業務会費を計上したことに関連したものす。どうやらJICPAニュースレター9月号でも触れられていたようですが、全く目をとおしていなかったので、何だこれ?と関心をもちました。

そして、会計士の年会費を払っていない人がそんなにいるのか?と全くの勘違いをしてしまいましたが、「業務会費」なので、法定監査を行った監査人が協会に収める上納金で未納が生じたということでした。

このような未納が発生した主な原因は、みすず監査法人の解散に伴う被監査会社等の移管に係る事務の混乱によるとされており、未収計上された大部分は現時点で納付されているとのことです。

約8億円も会費が未収でわからない位、業務会費収入が大きいのかという疑問に対しては、「業務会費収入の事業年度ごとの推移としては、内部統制監査が導入されたのが同時期にかかることから、これに伴う監査報酬の大幅増加が業務会費の納付漏れに伴う減少を打ち消してしまい、業務会費未納の事実を業務会費収入の推移から把握することは難しい状況であった」と述べられています。

JSOX導入で、それだけ監査報酬が上がったということなのでしょうが、内部統制監査導入で内部統制の不備に気が付かないというのは笑うしかありません。しかも会計士協会なのに・・・。

そして、今後はきちんとシステマチックにやりますというようなことが対応策として述べられていますので、きちんとやって下さいとしかいいようがありません。

日々成長

関連記事

  1. 日本取引所のCEOが内規に違反し投資-このタイミングで公表は果た…

  2. 円安でトヨタ自動車の業績改善は本当か?(その1)

  3. 「七つの会議」(池井戸潤 著)を読んで

  4. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです

  5. 「督促OL修行日記」・・・督促って大変なんですね

  6. ”道具としての経営理論”

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,891,206 アクセス
ページ上部へ戻る