閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「業務会費」約8億円の未納って・・・

JICPAニュースレター11月号に「業務会費の納付問題の経緯及び今後の対応策について」という付録がついていました。

第46年度事業決算において約7億9千万円の未収業務会費を計上したことに関連したものす。どうやらJICPAニュースレター9月号でも触れられていたようですが、全く目をとおしていなかったので、何だこれ?と関心をもちました。

そして、会計士の年会費を払っていない人がそんなにいるのか?と全くの勘違いをしてしまいましたが、「業務会費」なので、法定監査を行った監査人が協会に収める上納金で未納が生じたということでした。

このような未納が発生した主な原因は、みすず監査法人の解散に伴う被監査会社等の移管に係る事務の混乱によるとされており、未収計上された大部分は現時点で納付されているとのことです。

約8億円も会費が未収でわからない位、業務会費収入が大きいのかという疑問に対しては、「業務会費収入の事業年度ごとの推移としては、内部統制監査が導入されたのが同時期にかかることから、これに伴う監査報酬の大幅増加が業務会費の納付漏れに伴う減少を打ち消してしまい、業務会費未納の事実を業務会費収入の推移から把握することは難しい状況であった」と述べられています。

JSOX導入で、それだけ監査報酬が上がったということなのでしょうが、内部統制監査導入で内部統制の不備に気が付かないというのは笑うしかありません。しかも会計士協会なのに・・・。

そして、今後はきちんとシステマチックにやりますというようなことが対応策として述べられていますので、きちんとやって下さいとしかいいようがありません。

日々成長

関連記事

  1. 「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を…

  2. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催

  3. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?

  4. 会計士協会の次期会長候補に「不適正意見」?-FACTA2013年…

  5. 「仮説思考」(内田和成 著)を読んで

  6. SBIが身売り工作?-FACTA2012年11月号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,190 アクセス
ページ上部へ戻る