閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

働きやすい会社ランキング2012-日経新聞社

日本経済新聞社が実施した2012年の「働きやすい会社ランキング」が発表されました。

早速ですが、今年の上位20社は以下のようになっています。

昨年の順位と比べると、全体的にはそれほど大きな変動はありませが、イオンが前年50位から9位に、信越化学工業が前年114位から18位に大きくランクアップしているのが目につきます。さらに最近何かと話題のシャープですが、意外にも(といっては失礼ですが)前年25位から12位にランクアップしているのが興味深い点ではあります。なお、昨年のランキングについては、”働きやすい会社ランキング2011(追加)-上位50社など“に記載してありますので、興味のある方はご覧ください。

上記のランキングは、アンケートに回答した480社の人事・労務制度の内容と利用状況を点数化したもので、同時に実施されたビジネスパーソン1711人のアンケートで重視されている項目に得点を傾斜配分してランキングが決定されています。

ビジネスパーソンに重視されている項目は、以下のようになっています。


(出典:日経産業新聞2012年10月1日 23面)

このランキングでは、「人材の採用・育成」「多様な人材の活用」「職場環境の整備」「多様な働き方への配慮」という四つの側面別でのランキングも発表されています。とりあえず、各項目の第1位だけ記載しておくと以下のようになっています。

「人材の採用・育成」・・・凸版印刷
「多様な人材の活用」・・・ソニー
「職場環境の整備」・・・イオン
「多様な働き方への配慮」・・・資生堂

多様な働き方への配慮で第1位となっている資生堂は、昨年に引き続きこの項目で第1位となっています。資生堂では11年度に育児休業を取得した人がグループ全体で1321人と05年度に比べて2倍近くに増加、1日の労働時間を2時間短くできる短時間勤務制度の利用者は1681人で05年に比べて3倍超に達し、さらに、現在は男性の育児参加を後押しする取組を進めているとのことです。
この項目で第3位は東芝ですが、東芝の横浜事業所には11年4月に社内保育園が新設され、仕事と育児の両立支援が強化されているそうです。
また、同第4位のユニチャームでは、柔軟な勤務制度を整備していることもあって、09年4月~12年7月までに妊娠・出産した人の97.5%が仕事を継続しているとのことです。

最近の大学生が安定志向・大手志向になっていると言われていますが、確かに就職するなら上記のような制度を備えている会社に入りたいと思ってしまうのも仕方がないと思えてしまします。

日々成長

関連記事

  1. 特別加入者の給付基礎日額の拡大-平成25年9月より

  2. 働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記2(アンケー…

  3. 最低賃金東京では888円(約2%アップ)に!-2014年度初任給…

  4. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に…

  5. 従業員退職時の競合避止合意-代替措置なく3年は公序良俗違反で無効…

  6. 主婦年金免除基準引き下げを検討?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,197 アクセス
ページ上部へ戻る