閉じる
閉じる
閉じる
  1. 役員等の責任限定契約を再確認
  2. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  3. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  4. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  5. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  6. 短期前払費用特例適用の留意点
  7. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  8. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  9. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  10. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

経営財務の週刊「適時開示」ニュースに目を通していたら、中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用を開始するというものが目に留まりました。

中外製薬は、スイスに本社を置く世界的製薬企業ロシュグループの一員であることからするとIFRSの任意適用自体はそんなものかなという気がしますが、中外製薬でIFRSの任意適用会社が9社目だというのが、以外でした。もっと多くの企業が既にIFRSの任意適用を開始しているかと思っていましたが、まだまだ少ないという事実を改めて認識しました。

ちなみに、現時点でIFRSを任意適用している8社は以下のとおりです。

1.日本電波工業
2.HOYA
3.住友商事
4.日本板硝子
5.日本たばこ産業
6.DeNA
7.SBIホールディングス
8.アンリツ

こう言っては失礼ですが、上記の8社ではやはり日本電波工業が異質です。平成22年3月期からIFRSを任意適用して任意適用第1号となって話題となりましたがYahooファイナンスで同社の5年の株価の推移をみると以下のようになっています。


(出典:Yahooファイナンス)

上記の推移からすると、IFRSの適用に株価上昇を期待するのは無理があると言えそうです(当然と言えば当然ですが)。今後再びIFRSの強制適用が議論される時期がくると思いますが、IFRSを適用してもあまり意味がない会社が相当数あるという点は忘れないでほしいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  2. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  3. 期末監査期間の延長を要望する監査人は94%超

  4. 包括利益の表示に関する会計基準の復習(設例3)

  5. 資産除去債務の簡便法で割引を行っている事例

  6. 「第二会社方式」とは?(その3)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,317,148 アクセス
ページ上部へ戻る