閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用へ

経営財務の週刊「適時開示」ニュースに目を通していたら、中外製薬が2013年12月期よりIFRSの任意適用を開始するというものが目に留まりました。

中外製薬は、スイスに本社を置く世界的製薬企業ロシュグループの一員であることからするとIFRSの任意適用自体はそんなものかなという気がしますが、中外製薬でIFRSの任意適用会社が9社目だというのが、以外でした。もっと多くの企業が既にIFRSの任意適用を開始しているかと思っていましたが、まだまだ少ないという事実を改めて認識しました。

ちなみに、現時点でIFRSを任意適用している8社は以下のとおりです。

1.日本電波工業
2.HOYA
3.住友商事
4.日本板硝子
5.日本たばこ産業
6.DeNA
7.SBIホールディングス
8.アンリツ

こう言っては失礼ですが、上記の8社ではやはり日本電波工業が異質です。平成22年3月期からIFRSを任意適用して任意適用第1号となって話題となりましたがYahooファイナンスで同社の5年の株価の推移をみると以下のようになっています。


(出典:Yahooファイナンス)

上記の推移からすると、IFRSの適用に株価上昇を期待するのは無理があると言えそうです(当然と言えば当然ですが)。今後再びIFRSの強制適用が議論される時期がくると思いますが、IFRSを適用してもあまり意味がない会社が相当数あるという点は忘れないでほしいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 会計士の税理士登録-税法科目合格は見送りへ

  2. Ernst & Youngの略称がEYに。しかし・・・…

  3. 手形の紛失・盗難が生じた時の手続について

  4. 包括利益の表示に関する会計基準(その1)

  5. 富士フイルムがゼロックスを買収するのは世界展開が目的?

  6. 5000円以下の飲食費も税務調査の重要ポイント-税務通信

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,543,714 アクセス

ページ上部へ戻る