閉じる
閉じる
閉じる
  1. 役員等の責任限定契約を再確認
  2. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  3. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  4. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  5. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  6. 短期前払費用特例適用の留意点
  7. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  8. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  9. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  10. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本からも使用できる方法があったPandra Radio

以前一度試してあきらめていたPandora Radioですが、久々にネットで検索してみると日本でも使用できる方法がありそうだということがわかりました。

そこで早速試してみることにしました。

まず、最初にみつけたサイトで、しかも簡単そうだったHTTPS Everywhereという拡張機能をGoogle Chromeに加えるという方法を試してみました。
参考にしたのは”プロキシやVPNを使わず日本からPandoraラジオを利用する方法”です。

残念ながらこの方法で、従来通りうまくいきませんでした。上記の筆者も「ただ今回のハックは技術的な盲点を突いたものであって、これが広まればすぐに対策を打たれる気もしなくもないのだけど…」と記載されており、既に使用できないという方法なのかもしれません。

次に試したのが、”音楽聴き放題の『Pandora』が日本でもアドオンで利用可能に ”という記事で紹介されていた方法です。

これは成功しました。以下の画面を初めて拝むことができました。

MEDIA HINTというサイトにアクセスしてプロキシ用の拡張機能をインストールするというものですが、Google Chromeの場合、「START USING」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

まず、click hereという部分をクリックすると、mediahint_0.1.12.crxというファイルがダウンロードされます。

そして、Google Chromeの上部に表示されている以下の一番右のアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

ツール→拡張機能を選択すると、インストールしている拡張機能が表示されるWindowが開くので、その画面に最初にダウンロードした、mediahint_0.1.12.crxをドラッグします。するとインストールが完了します。

これで日本からもPandora.comにアクセスできました。

関連記事

  1. Kindle Paperwhiteを買ってみた

  2. 伝え方が9割だとすると結果は変わっていたのか?

  3. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです

  4. ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

  5. ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

  6. 企業財務会計士なくなる!

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,317,148 アクセス
ページ上部へ戻る