閉じる
閉じる
閉じる
  1. トーマスクック社の破綻とKAM
  2. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  3. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  4. 清流監査法人に業務改善命令
  5. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  6. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  7. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  8. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  9. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  10. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

日本からも使用できる方法があったPandra Radio

以前一度試してあきらめていたPandora Radioですが、久々にネットで検索してみると日本でも使用できる方法がありそうだということがわかりました。

そこで早速試してみることにしました。

まず、最初にみつけたサイトで、しかも簡単そうだったHTTPS Everywhereという拡張機能をGoogle Chromeに加えるという方法を試してみました。
参考にしたのは”プロキシやVPNを使わず日本からPandoraラジオを利用する方法”です。

残念ながらこの方法で、従来通りうまくいきませんでした。上記の筆者も「ただ今回のハックは技術的な盲点を突いたものであって、これが広まればすぐに対策を打たれる気もしなくもないのだけど…」と記載されており、既に使用できないという方法なのかもしれません。

次に試したのが、”音楽聴き放題の『Pandora』が日本でもアドオンで利用可能に ”という記事で紹介されていた方法です。

これは成功しました。以下の画面を初めて拝むことができました。

MEDIA HINTというサイトにアクセスしてプロキシ用の拡張機能をインストールするというものですが、Google Chromeの場合、「START USING」をクリックすると以下のような画面が表示されます。

まず、click hereという部分をクリックすると、mediahint_0.1.12.crxというファイルがダウンロードされます。

そして、Google Chromeの上部に表示されている以下の一番右のアイコンをクリックすると、メニューが表示されます。

ツール→拡張機能を選択すると、インストールしている拡張機能が表示されるWindowが開くので、その画面に最初にダウンロードした、mediahint_0.1.12.crxをドラッグします。するとインストールが完了します。

これで日本からもPandora.comにアクセスできました。

関連記事

  1. おいしいから売れるのか、売れているからおいしいのか?

  2. 閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

  3. 明けましておめでとうございます。

  4. ワンデープロクリア(日本名:ワンデーアクエアプロシー)が今なら1…

  5. 仕事始め

  6. Google画像検索 vs クックパッドプレミアムサービス(どん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,837,933 アクセス
ページ上部へ戻る