閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

気になるクレジットカード-YAMADA LABI ANAマイレージカード

私はANAのマイルをクレジットカードで貯めていますが、先日気になるクレジットカードを発見しました。

それは、ヤマダLABI ANAマイレージカードです。私の場合、ANAのVISAゴールドカードをマインカードとしていて、PASMOのオートチャージでマイルを貯めるためにソラチカカード(JCB)(初年度年会費無料、2年目以降2100円)を使用しているので、さらにヤマダLABI ANAマイレージカードを作るとクレジットカードが増えすぎる気はしますが、ヤマダLABI ANAマイレージカードは初年度年会費無料でヤマダ電機を利用すれば2年目以降も実質的に年会費はは無料になります(原則525円で、前年にカードの利用実績があれば年会費は無料)

今まで、家電製品については主にヨドバシカメラを利用していましたが、最近は何だかんだいってもヤマダ電機が一番安いというのが定説になりつつあるので、ヤマダ電機を利用しようかと思っています。

ヤマダLABI ANAマイレージカードをヤマダ電機で使用すると現金購入と同様10%のヤマダポイントを獲得することができます。そしてヤマダ電機の4000ポイントを1000マイルに交換できます。といっても、1ポイント1円とすると1マイル4円換算となりますので、交換率はそれほどよくはありません。なお、ヤマダポイントに加えて1000円で1ポイントのセゾン永久不滅ポイントも獲得でき、このポイントもマイルに移行することができます。ただこれも200ポイントで625マイルということなので、20万円で625マイルということになり、よい換算率とはえいませんがマイルは溜まります。

また、私の場合はたまにコストコを利用し、従来はAMEXカードを持っていなかったため現金で支払いをしていましたが、このカードを作ることでコストコの利用でもマイルを貯められることになります(なにより現金を準備していかなくてよくなるのがうれしかったりしますが・・・)。

使わなければ解約すればよいだけなので、とりあえず申し込んでみようと思います。

日々成長

関連記事

  1. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  2. 「心を上手に透視する方法」とは?

  3. 2011年も折り返し地点

  4. 明けましておめでとうございます。

  5. 海外で預金を引き出せる”Money T”…

  6. Windows10をWindows7に戻したら日本語入力ができな…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,773,303 アクセス
ページ上部へ戻る