閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

全国企業倒産集計2012年報が公表されました-帝国データバンク

2013年1月15日に帝国データバンクから「全国企業倒産集計2012年報」が公表されました。

昨年から継続して書いている「金融円滑化法利用後倒産」ですが、上記のレポートによれば2012年12月の倒産件数は38件でした。倒産件数の推移をアップデートすると以下のようになります。

2012年10月の51件をピークに金融円滑化法利用後倒産件数は11月・12月と減少傾向にありますが、依然として高い水準にあるといえます。法施行後の累計倒産件数は616件となっています。

3月末に金融円滑化法が期限切れになってどうなるのかについて、帝国データが実施したアンケートによれば「大半の金融機関が、同法期限到来後も融資先に対して、繰り返し返済条件変更に応じる用意があると回答」したとのことから、「期限到来により中小企業の倒産が急増する事態には陥らない見込み」との見解が示されています。

それなら、心配するほどのことでもないのかというと、「約6割の金融機関が、今後の倒産増加を想定していると回答」しているとのことで、そんなに甘くはないようです。期限切れによって急激に倒産件数が増加するという感じではなさそうですが、高い水準で倒産件数が推移するのではないかと推測されます。

ちなみに年別に比較すると2011年の金融円滑化法利用後倒産件数は194件、2012年は399件、負債総額では2011年133,804百万円に対して2012年297,790百万円となっています。

今回公表されたのは「2012年報」ということで、上記の他にも興味深いデータが報告されていました。

2012年に倒産した上場企業は6社で、1965年以降の推移からすれば、普通のレベルといえそうです。ちなみに1965年が11社で、それ以降で年間10社を超えたのは1997年がはじめてですが、1997年以降年間10社以上の上場企業が倒産したのは年は9回あります。その中で一番倒産件数が多かったのが2008年の33社で、ついで2002年の29社が続きます。2011年は4社、2012年は6社とここ2年は落ち着いています。

2012年に倒産した会社で負債額トップは、エルピーダメモリで4480億3300万円でした。倒産理由としては、販売不振や業界不振などを主な原因とする「不況型倒産」が84.2%となっています。アベノミクスによって、2013年の「不況型倒産」が減少していくのか?注目です。

日々成長

関連記事

  1. ノルウェーの政府年金基金-日本での投資先を見てみるのも面白いです…

  2. 「福島原発メルトダウン」を読んで

  3. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

  4. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

  5. 「カジノ調査」をトーマツが激安落札って、いくらだろう?

  6. インフレは来るのか来ないのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,423,509 アクセス
ページ上部へ戻る