閉じる
閉じる
閉じる
  1. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  2. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  3. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  4. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  5. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  6. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  7. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  8. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  9. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  10. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

こんなところにも影響が・・・復興特別所得税

ある会社の担当者から質問を受けました。

その質問は、昨年の12月に購入した社債の取引報告書が証券会社から送付されてきたが、そこに記載されている経過利息の計算方法がわからないというものでした。

そんなに難しいことはないだろうと、取引報告書を受け取って電卓をカチカチと叩いてみたら・・・

あれ?確かに・・・

当初、経過日数の数え間違いか、経過利息が源泉後の金額であることを忘れているかくらいに考えていたのですが、経過利息計算のベースとなっている経過日数については、報告書に明示されているので間違いようがありません。

社債額面×約定利率×経過日数÷365日=経過利息÷0.8

と、なるはずなにそうなっていない。さすがに証券会社の計算が間違っているとも思えないので、360日計算?年2回の利払だから経過利息の属する期間の日数をベースに計算?など、深みにはまっていきました。

そこでふと、思いつきました。購入時に精算した経過利息に対応する利払日は2013年だから復興税の影響かと。

そこで、源泉前の金額を{経過利息÷(100%-20.42%)}で計算してみましたが、これでもぴったり一致しません。おかしいな、と思ってよくよく調べてみると、債券の利子に対する復興税考慮後の源泉税率は20.315%でした。

専門家に対する報酬の源泉税率が、10.21%、20.42%なので、20.42%と考えてしまいましたが、復興特別所得税なので、所得税部分の税率にしか影響しないわけです。債券の利子に対する源泉税20%の内訳は所得税15%、地方税5%なので、15%×1.021+5%=20.315%が平成25年1月から平成49年12月(25年間)に適用される税率となります。

したがって、2013年に利払をむかえる社債を購入した際に精算されている経過利息の源泉前の金額は、経過利息÷0.79685(100%-20.315%)で計算することになります。それで計算してみると、

社債額面×約定利率×経過日数÷365日=経過利息÷0.79685

となっていることが確認できました。2013年に支払われるものからとばかり考えていた復興税ですが、2012年中に支払ったものにも既に影響していたのですね。

勉強になりました。

日々成長

関連記事

  1. 実費請求の交通費に対する源泉漏れで追徴?

  2. 復興特別所得税-税理士等報酬の課税時期の判断は原則として役務提供…

  3. 長期為替予約とヘッジ会計適用の可否

  4. 年末調整の対象となる人・ならない人

  5. 予定取引の為替予約の会計処理-振当処理と繰延ヘッジの違い

  6. 子会社への貸付金に為替予約を付した場合の連結処理は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,397,267 アクセス
ページ上部へ戻る