閉じる
閉じる
閉じる
  1. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表
  2. パワハラ対策義務化の確認(その2)
  3. 2019年監査人の交代が4年連続で増加
  4. 会社法319条1項に基づく書面による意思表示に取締役会決議は必要か
  5. 令和元年改正会社法を確認(その1)
  6. パワハラ対策義務化の確認(その1)
  7. グループ通算制度導入に伴う税効果会計はどうなる?
  8. 代表取締役の内縁の妻に支給した給与が本人に対する給与とされた事案
  9. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?
  10. 風評被害の賠償金は非課税所得にならず?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ソフトバンクと丸紅がIFRSの任意適用を発表-これで12社

2013年1月31日にソフトバンク、2013年2月1日に丸紅が2014年3月期(来期)からIFRSを任意適用することを発表しました。

これで、IFRSの任意適用企業(発表企業を含む)は以下の12社となりました。

1.日本電波工業(任意適用済・・・2010年3月期より)
2.HOYA(任意適用済・・・2011年3月期より)
3.住友商事(任意適用済・・・2011年3月期より)
4.日本板硝子(任意適用済・・・2012年3月期より)
5.日本たばこ産業(任意適用済・・・2012年3月期より)
6.DeNA(今期より任意適用開始・・・2013年3月期より)
7.SBIホールディングス(2013年3月期より)
8.アンリツ(2013年3月期より)
9.中外製薬(2013年12月期より)
10.楽天(2013年12月期より)
11.ソフトバンク(2014年3月期より)
12.丸紅(2014年3月期より)

総合商社では、これで住友商事と丸紅がIFRSを任意適用することになります。業界地図2012年版(2013年版は手元にないので・・・)によれば、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、丸紅、住友商事の順なので、規模が小さいほうから任意適用がすすんでいるということでしょうか。

上位三つがこのまま米国基準を適用し続けたらどうなるのかというのも見てみたいところですが、以前IFRSの適用が強制されそうになった際に、米国基準での開示継続が認められなくなる方向で話がまとまっていたことからすると、やはり無視はできないのではないかと思います。

もともと米国基準で開示していた会社であれば、日本基準を適用している会社よりもIFRSの任意適用のハードルも低いと考えられますので、商社以外の米国基準適用企業がどのタイミングで任意適用に踏み切るのか注目です。

当初IFRSの強制適用が議論されていた時期から、かなり期間が経過していますので今年あたりIFRSの任意適用企業が従来以上のペースで出てきても不思議ではありません。

日々成長

関連記事

  1. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

  2. 自動車を購入した時の取得原価の範囲

  3. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは

  4. 外貨建前払費用の期末換算は必要?

  5. 会社区分が①から②に落ちたら・・・-繰延税金資産の回収可能性

  6. IFRS任意適用会社が60社を突破

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,351,325 アクセス
ページ上部へ戻る