閉じる
閉じる
閉じる
  1. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  2. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  3. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  4. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  5. 短期前払費用特例適用の留意点
  6. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  7. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  8. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  9. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  10. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

新たに東証一部45社が決算日を統一-経営財務3103号

経営財務3103号によれば、平成23年10月~24年9月決算の東証1部上場1,551社のうち、当期から決算日を統一したのは45社(2.1%)あったそうです。

45社も決算期を変更したのか!と思ってしまいましたが、必ずしも決算期を変更しているわけではなく、「連結決算日と連結子会社決算日を一致」と「連結決算日現在で仮決算」がそれぞれ16社だっとのことです。

では、そもそも決算日を統一している会社の割合はどの程度なのかですが、経営財務の調査結果によると上記調査対象1,551社のうち、決算日を統一している会社は549社(35.4%)と報告されています。この結果からすると、決算日の統一がなされていないからといってあせる必要はなさそうです。

なお、決算日を既に統一している549社のうち、「連結決算日と連結子会社決算日が一致している会社が412社、連結決算日現在で仮決算を実施している会社が137社」という調査結果となっていました。決算日が統一されている会社の割合が35%程度しかないことからすれば、決算期が統一されている会社の大部分は元々3月決算の会社しかなかったというようなケースが多いと推測され、当然の結果ではないかと思います。

むしろ、注目すべきは新たに決算日を統一した45社のうち仮決算を選択した会社が決算日を変更した会社と同数あったという点で、今後は、決算期の統一に向けて仮決算を選択する会社も増加してくると予測されます。

次に、今回決算期を変更した会社のうち親会社が子会社に合わせて決算期を変更したケースがどれくらいあったのかですが、調査結果によると以下の4社でした。

①決算月を12月に変更

・第一精工
・JUKI
・横浜ゴム

②決算月を3月に変更

・メディカルシステムネットワーク

一般的には親会社の決算期を変更する方が何かと大変だと思いますが、決算期の統一されていない子会社の社数、規模、決算変更に対応可能な余力、中国の子会社の状況などによって親会社が決算期を変更するという選択肢もありうるということでしょう。

IFRSが強制適用されるかはわかりませんが、IFRSで要求されていることは日本の会計基準にもいずれ織り込まれる可能性が高いと考えられるので、焦る必要はないものの、いずれ決算日の統一は避けられないのではないでしょうか。

日々成長

関連記事

  1. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その3)-財務情報

  2. 第1四半期におけるCF計算書の開示・非開示の変更

  3. 手形の紛失・盗難が生じた時の手続について

  4. 借地権の会計処理

  5. 株式割引発行差金-韓国GAAPとIFRS

  6. 2019年経営税務誌が選ぶ5大ニュースとは

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,313,573 アクセス
ページ上部へ戻る