閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響なし

少し前になりますが、2013年3月8日に法務省から、ASBJが昨年5月17日に公表した「退職給付に関する会計基準」等を踏まえて会社計算規則の一部を改正する省令案が公表されました。なお、意見募集は2013年4月8日までとされています。

まず、気になるのは適用時期ですが、会社計算規則の一部を改正する省令案の概要において「平成25年4月1日前に開始する事業年度に係る計算関係書類についてはなお従前の例によることとする予定である。」とされていますので、2013年3月決算には関係ありません

そして、退職給付会計に関する部分の改正予定の内容ですが形式的な見直しのみで、大きな影響はありません。現状の会社計算規則においても、財規では求められている”退職給付に関する注記”は明示的に求められてはいませんが、改正案においてもこの取り扱いに変更はありません。

したがって、具体的な改正点としては、連結貸借対照表の項目として「退職給付に係る資産」、「退職給付に係る負債」および「退職給付に係る調整累計額」が、連結株主資本等計算書の項目として「退職給付に係る調整累計額」が追加されているという内容にとどまっています。

面倒な手間が増えずに一安心です。

日々成長

関連記事

  1. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

  2. 平成25年3月期有価証券証券報告書の留意点(その2)-非財務情報…

  3. 交際費と会議費の区分

  4. 繰越欠損金の控除限度額の引き下げと税効果

  5. 税務上の「のれん」とは?(その3)

  6. 会社の清算手続(その1)-総論

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,905 アクセス

ページ上部へ戻る