閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

中退共が確定給付制度の内枠の制度である場合の会計処理

経営財務3111号(2013年4月22日)に、あたら監査法人の代表社員の方が”中退共と退職給付会計”という記事を書いていました。

この記事の最終的な提言は、確定拠出制度を確定給付制度の内枠として有している場合に、会計処理のあり方を制度的に検討する必要があるのではないかというものでした。

そもそも中退共とは何かですが、正式名称は中小企業退職金共済制度で、独立行政法人勤労者退職金共済企業本部によって運営されている制度で、「中小企業」という名のとおり、独自に退職金制度を設けるのが困難であろう中小企業の従業員を対象とした制度のため、中小企業のみが加入することができます。

ここでいう中小企業の定義は、若干わかりにくいのですが、中小企業庁で定義されている定義と同じで、具体的には以下の会社等が中小企業に該当します。

2013-04-26_1

ちなみに、この中小企業の定義でいうと、日本の企業の99.7%は中小企業に該当するということになります(中小企業白書2012年版)。そんなはずはないと思うかもしれませんが、上記に掲載した要件は人数と資本金等の条件が「または」となっているというところがポイントです。

例えば、資本金3億円、従業員数3,000人のメーカーは、製造業で資本金が3億円以下という要件を満たしているので中小企業に該当するということになります。こう考えると、全体の99.7%が中小企業に該当するというのも納得いくのではないでしょうか。

中退共に話を戻します。中退共は、中小企業と独立行政法人勤労者退職金共済企業本部が従業員を被共済者として退職金共済契約を締結し、事業主が毎月一定の掛金を納付することにより、退職時に従業員からの請求により中退共から退職した従業員に直接支払われるという制度です。

掛金は月額5,000円から30,000円の範囲(基本的に16段階)で従業員別に掛金を設定することができます。中小企業の退職金制度を促進するため、新しく中退共に加入した事業主や掛金を増額した事業主に対して、国から一定の補助が支給されます(期間は1年)。

毎月一定の掛金を拠出することによって、給付に関しては独立行政法人勤労者退職金共済企業本部が責任を負うことから、いわば確定拠出型の制度といえる制度となっています。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 経営財務が選ぶ2014年の5大ニュースとは?

  2. 過年度遡及修正-適用初年度は前期分を修正するのかしないのか

  3. 定率法から定額法へ減価償却方法を変更する会社が急増

  4. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その2)

  5. 株式保有の状況(コーポレートガバナンスの状況)の開示

  6. 法務省、会社計算規則の一部改正案を公表




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,153 アクセス
ページ上部へ戻る