閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  2. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  3. 清流監査法人に業務改善命令
  4. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  5. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  6. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  7. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  8. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  9. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
  10. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

電子証明書等特別控除の廃止-平成25年度税制改正

重要性は低いですが、電子証明書等特別控除は平成25年度税制改正によって廃止されたそうです( 旧措法41の19の5。)。個人事業の申告をするので、利用しようかどうかと考えているうちに廃止されてしまいました。

制度が創設された平成19年度改正でも最高5,000円(所得税額を限度)でした。その後平成21年度改正で2年延長されたものの控除限度額は平成23年分は最高4,000円、平成24年分は最高3,000円の税額控除と、e-Taxの利用を促進するという目的に寄与したのかどうか微妙な金額となっていました。

しかも、毎年控除を受けられるというのではなく、最初の1回のみ控除を受けられるというものでした。ちなみに、所得税の還付申告は還付申告書を提出できる日から5年間できるため、確定申告期限後(還付申告や期限後申告)に特別控除を適用できるかですが、これはできません。

理由は、「同特別控除は、適用を受けようとする年分の翌年1月4日から3月15日(確定申告期限)までの間に、送信される確定申告情報と併せて適用を受けようとする旨及び控除金額に係る情報が送信される場合に限り、適用すると規定されていた」(税務通信3259号)からです( 旧措法41の19の5①② )。

2013年8月1日から国税電子申告・納税システムの受付時間が平日8時半から24時(現行は平日8時半~21時)に拡大され、利便性が高まるとのことですが、電子申告であれば24時間受付であるのが当然な気がしてしまいます。

また、税務署で申告書をチェックする手間を省くことができれば人件費も削減できるので、電子申告によるメリットはあって然るべきではないかと思います。そんな制度になれば、私も電子申告を利用しようと思うのですが・・・

日々成長

関連記事

  1. 海外からのソフトウェアの購入方法と源泉徴収の要否

  2. ハズレ馬券訴訟-大阪高裁は一審を支持

  3. ゴルフ会員権の譲渡損が損益通算廃止の方向へ

  4. 多数回かつ頻繁に馬券を購入しているも的中率低く雑所得と認められず…

  5. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  6. 通勤手当の非課税限度額の引き上げ-平成26年10月20日施行

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,834,306 アクセス
ページ上部へ戻る