閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「調査」と「行政指導」の違いは?

T&A master No501に”当局、「調査」と「行政指導」を明確化も範囲逸脱の懸念”という記事が掲載されていました。

主な内容としては、課税当局内に、行政指導の際、指導の範囲を逸脱し、調査による質問検査権の行使であると誤解される懸念が生じている模様で、納税者側も、調査が行政指導として行われていないか注意しておく必要があるというものです。

調査と行政指導の違いは?

調査とは、特定の納税義務者の課税標準等または税額等を認定する目的で税務職員が行う一連の行為とされています(調査手続通達1-1)。


行政指導とは、特定の納税義務者の課税標準等又は税額等を認定する目的で行う行為に至らないものを意味します。

納税者は調査と行政指導の違いがわかるか?

上記のとおり「調査」か「行政指導」かは調査担当者の内心の意思によることになるので、納税者が外部から知ることができません。しかしながら、調査か行政指導かによって、その後の修正申告時に適用される加算税の適用関係がかわってくるためどちらにあたるかは納税者にとって非常に重要な情報です。


このため、事務運営指針において、納税者に接触する際には調査と行政指導のいずれであるかを明示するとされています。

調査等の事務区分の見直し

国税通則法の改正に伴い、課税特局内部では調査等に係る事務区分の見直しが行われています。関係がありそうな法人税に関しては以下のようになっています。
2013-06-10_1

上記のように、課税当局では行政指導と調査の区分の明確化を図っていますが、事務運営指針に従い行政指導と明示した場合においても、指導の範囲を逸脱することによって調査による質問検査権の行使と誤解を招くケースが生じるとの懸念があるため、行政指導にあたり以下行為に及ばないようにする必要があるとされています。

  1. 納税者に自発的な見直しを求めることなく、確定的な非違として修正申告を勧奨する。
  2. 帳簿書類や申告書の内容につき詳細に掘り下げた説明を求めるなど「基礎的情報」という範囲を超えた情報を求める
  3. 基礎的情報の範囲内の情報であるとしても、執拗に情報の提供を促すなど自発的な意思に基づく協力要請とは言いがたい負担感を納税者に与える

納税者側としても、上記のような行政指導が行われていないかについては注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 電子取引データの電子保存、改正法施行日までに準備期間足りず?

  2. 過年度遡及修正会計基準による修正と税法の「確定した決算」の関係

  3. 連結納税(その3)-導入のメリット(税額控除)

  4. 償却資産の美術品-平成28年度申告でも延滞金は徴収されないそうで…

  5. 収益認識に関する会計基準と法人税法上の取扱い(その2)

  6. 受取配当金の益金不算入-継続保有要件の起算日が「基準日」の方向へ…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,981,480 アクセス
ページ上部へ戻る