閉じる
閉じる
閉じる
  1. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  2. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  3. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  4. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  5. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  6. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  7. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  8. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  9. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  10. 契約負債に流動固定分類は不要?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年世界で一番売れた車種はフォードのFOCUS

Bloomberg BusinessweekのApril15-April21,2013号に”A global bestseller”という小さな記事が掲載されていました。

この記事によると、R.L Polk社の調査結果では2012年の販売台数はFord社のFocusが約102万台でトヨタのカローラ(約87万台)をおさえて世界で一番販売された車種になったとされています。

そして、Ford社の車が販売台数世界一の座を獲得するのは、フォードの創業者であるヘンリーフォードが販売したT型フォード(フォードモデルT)およびその後継車であるモデルA以来初めてのことだそうです。

経営学ではかならず登場するともいえるT型フォード以来初めての世界一というのは、かなり意外な感じがします。T型フォードの全盛期は1910代~1920年代のようなので、少なく見積もっても50年以上は世界一の販売車種を排出していなかったということになります。

この世界一売れたというFOCUSはどんな車なのか興味があったので、フォード社のHPをのぞいてみると、以下のような車であることがわかりました。
focus
focous2

価格は293万円と表示されています。価格からするとトヨタのカローラフィールダーよりも100万円近く高いということになります。車の大きさを比較すると、全長はほぼ同様ですが、幅は上記のFOCUSが181cmであるのに対して、カローラフィールダーは169.5cmと10cm程度大きくなっています。
幅が181cmと言われてもよくわからないかもしれませんが、トヨタのアルファードの幅が184cmですので、車の大きさでいえば相当大きいほうの部類に入る車です。したがって、そもそも、カローラと比較するような車ではないということなのかもしれません。ただし、関税の影響を加味してもこの価格帯が世界で一番売れるとも思えないので、カローラと同等のグレードもあるのであはないかと想像されます。

なお、この販売台数世界一については、派生モデルの集計方法を巡ってトヨタからクレームがついているという話もありますが、それにしてもこの車が売れているというのは事実にかわりはありません。

個人的には、これならレガシー買うけどな・・・

日々成長

関連記事

  1. 増税なき復興債発行の可否について(その2)

  2. 2013年7月の金融円滑化法利用後倒産は52件-帝国データバンク…

  3. 金融円滑化法利用後倒産件数が2カ月連続で過去最高を更新-帝国デー…

  4. グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

  5. トヨタ自動車の株主総会発行が可決された新型株式とは?

  6. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,670,331 アクセス
ページ上部へ戻る