閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

契約書の交付日が指定日後でも経過措置の適用は可能

気付けば間もなく8月も下旬になりました。したがって、消費税が平成26年4月1日から8%に上がるとすれば、請負契約等消費税の経過措置の指定日(平成25年10月1日)まで約1カ月となっています。

現時点では、消費税が予定通りにあがるのかどうかわかりませんが、経過措置の適用を受けようと9月末にバタバタすることもあるかもしれません。

さて、請負工事等の経過措置に関して税務通信の3274号に「消費税率引上げに関するQ&A12,請負工事等の経過措置で契約成立日と契約書交付日が異なる場合,合意の日を明らかにする書類必要に」という記事が掲載されていました。

請負工事等に係る経過措置の適用要件は、「指定日(平成25年10月1日)の前日までに契約を締結していること」であり、契約書の作成が要件ではないため契約書の作成・交付が指定日以後になったとしても経過措置の適用は可能となります。
民法上、契約は申込と承諾が合致した時に契約は成立するので、経過措置の適用に関しても当事者間でいつ合意があったかによって適用の有無を判断することになると考えられるとされています。

とはいうものの、税務調査等で問題とならないためには「契約締結の時期や工事内容について契約書その他の書類で明らかにしておく必要があり」、「指定日前に当事者間で合意があったものの、契約書の作成に時間がかかり書面の交付が指定日以後となる」ような場合にには、「指定日前に合意があったことを明らかにするため、受注稟議書など客観的に説明できる資料が重要となる」と解説されています。

ちなみに、民法上契約自由の原則というものもあるので、指定日後の契約において契約の効力発生日を9月30日以前に遡及すれば「指定日前に契約が締結されていたものとして経過措置の適用があるのではないかと考える向きもみれれる」そうです。
しかしながら、「当事者間での合意があった時に契約が成立したことになりますから、仮に効力発生日を遡らせたとしても合意をした日で判断する」ため、このようなケースでは経過措置の適用を受けることはできません。

現実的には、指定日前に合意していたのであれば、契約書の日付を合意日にして契約書を作成しておくのが無難だと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 短期前払費用の特例採用時の消費税の取扱いが示されました-国税庁Q…

  2. カタログの「総額表示」対応

  3. 太陽光発電電力の売却と消費税

  4. 建設仮勘定と仕入税額控除の時期(消費税)

  5. 消費税率アップの経過措置とは?(その2)-請負契約

  6. 宿泊予約サイトへの掲載手数料で消費税の誤りが散見されているそうで…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,990,153 アクセス
ページ上部へ戻る