閉じる
閉じる
閉じる
  1. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  2. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  3. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  4. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  5. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  6. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  7. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  8. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  9. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  10. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうです

平成25年9月27日に開催された「新規・成長企業へのリスクマネーの供給の在り方に関するワーキンググループ」(第5回)において、新興市場における新規上場時の株主数基準の見直しが議題として取り上げられました。

開示されている資料では問題意識として『新興市場における新規上場を容易にする観点から、 「新規上場時における上場基準」
を見直すことが考えられないか』が掲げられています。

新規上場時の形式基準には、
① 企業の内部管理体制に係る基準(監査法人による監査、監査報告書等における無限定適正意見の記載等)
② 流動性に係る基準(株主数、流通株式数、流通株式比率等)

などがありますが、①は新規上場を希望する会社の自助努力でなんとできるものの、②は「上場後の市場における円滑な取引を確保する観点から設けられているものであり、円滑な取引に支障が生じない範囲で柔軟に基準を見直すことも考えられるのではないか」と述べられています。

この点に関して、東証マザーズ市場、東証JASDAQ市場、名証セントレックス市場では新規上場時の株主数が300名以上とされている一方で、上場廃止基準は150名未満とされていること、福岡Q-Board、札幌アンビシャスでは新規上場時の株主数基準がそれぞれ200名以上、100名以上とされていることとから「東証マザーズ市場等における「新規上場時の株主数基準」について、円滑な取引を確保しつつ、より低い水準に下げる余地があるのではないか。」とまとめられています。

地方でIPOを希望する会社では株主数を確保することが難しいというようなこともあるようです。個人的には株主数の基準を引き下げてまでIPOを増やす必要があるのだろうか?という気はしますが、どうやらこの方向で改正がすすんでいきそうです。

なお同じワーキンググループで「新たなグリーンシート銘柄制度」についても検討がなされていました。現状認識としては、現行のグリーンシート銘柄制度は、近年、利用企業数が減少し、売買も低迷しており、その要因としては以下の二つが挙げられています。

  1. 新興市場における上場基準の引下げにより、流通市場としての役割が相対的に低下したこと
  2. 一方で、発行者に対して上場企業と大差のない負担が課されていること

そして、「新規・成長企業や地域に根差した企業を念頭に、流通範囲に制限を課し、これらの企業をよく知る、ある種限られた範囲の投資家の間で株式が流通することを前提に、発行者の負担を極力軽減した新たな制度を設けることができないか」とされています。IPOするのに比べて事務負担が相当軽減されるのであれば、潜在的な利用希望者は多いのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 2019年上半期のIPOは42社見込み

  2. 2014年のIPOは80社予定

  3. マザーズ市場上場後10年経過するとどうなる?

  4. 2018年のIPOは98社(TOKYO PROマーケット含む)

  5. 2012年のIPO社数は46社になりそうです。

  6. 2017年IPOは96社(続編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,782,092 アクセス
ページ上部へ戻る