閉じる
閉じる
閉じる
  1. 在宅勤務にみなし労働時間制を適用できるか
  2. 2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないら…
  3. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  4. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  5. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  6. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  7. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  8. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  9. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  10. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税を追加請求しなければやはりこうなるのか・・・-税務通信3284号より

税務通信3284号(2013年10月28日)に”消費税率引上げに伴う売上側の処理をケース別に整理”という記事が掲載されていました。

この記事では、経過措置の対象とならない1年分の賃料を前受した場合を前提に、以下の三つのケースの処理法が確認されています。

  1. 1年分の賃借料(消費税率5%・8%)を施行日前に領収したケース
  2. 1年分の賃料(消費税率5%)を領収し,施行日後に3%相当額の追加請求
  3. 施行日以後も旧税率時の税込価格を据え置き

1.と2.については、2013年4月1日以降対応期間分の前受収益が8%で計算した金額となるため、これを取り崩すにあたり特に問題は生じません。つまり、従来の賃料が月10万円(税抜)であれば、4月1日以降も税抜価格(つまり会計上の売上高)も月10万円となります。

問題は、何度か取り上げている上記のケース3です。
このケースでは、結論からすれば、4月以降の売り上げが減少することになります。

例と示されていた事例の前提は以下のとおりです。
契約日:25年10月末日
賃貸期間:25年11月1日~26年10月31日
賃料: 25年11月1日~26年10月31日  1,200,000円(税込1,260,000円)
※26年4月以降の期間対応分も税込105,000円/月とする
支払日:25年10月末に1年分領収する

そして、この場合の平成26年4月以降の仕訳として以下が示されていました。

借)前受収益  735,000
    貸)売上     680,556(*1)
      仮受消費税等  54,444

(*1)735,000÷1.08=680,556

やはりこうなってしまうんですね。事務処理の都合から転嫁できない対策法もあればいいんですが・・・

日々成長

関連記事

  1. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?

  2. キャンセル料100%ならキャンセルすると損なのか?

  3. 信用出資は消費税法上の出資の金額に該当するか

  4. ムゲンエステートに続きエーディーワークス(東一)が仕入控除否認で…

  5. キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除

  6. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,567,001 アクセス

ページ上部へ戻る