閉じる
閉じる
閉じる
  1. エフオーアイの粉飾決算をめぐる主幹事証券の責任ー最高裁で弁論が開催
  2. 近年の有報提出における添付漏れの傾向-経営財務誌調べ
  3. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  4. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  5. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  6. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  7. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  8. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  9. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  10. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバンク調べ

帝国データバンクが2013年11月11日公表した全国企業倒産集計2013年10月月報によると10月の全体の倒産件数は3ヵ月連続で前年同月よりも減少している一方で、金融円滑化法利用後倒産は69件と2カ月連続でと過去最高を記録しました。

過去からの件数の推移を示すと以下のようになっています。
2013-11-12_1
この点について、帝国データバンクでは「中小企業金融円滑化法の期限到来後、懸念されていた金融機関による目立った企業選別は起こっていない。結果として、企業の淘汰は進まず、10月の企業倒産件数が3ヵ月連続で前年同月比減少を記録している。」と分析しています。

金融円滑化法利用後倒産件数は、上記のとおり多少の凸凹はあるものの、基本的には右肩上がりの傾向を示しています。多少景気が上向いているというような話も耳にしますが、その程度ではこの傾向にストップをかけることはできないようです。

リーマンショック後に固定費の圧縮を図り、円高への対応力をつけた会社にとっては、少し景気が上向き円安になっただけで大きく利益をあげることができるようになっており、会計的な処理でも積極的に損を計上したいというような会社も増えているようです。ただし、全体から見ればそのような会社は一握りにすぎず、今なお苦しい中小企業も多いというのが現実のようです。

景気が上向けば救われる企業も多いとは思いますが、景気が良くても倒産する会社が存在するのも事実です。「金融機関による目立った企業選別は起こっていない」ため実態がつかめませんが、消費税増税後の来年4月以降にどうなっていくのかが一つのポイントになりそうです。

日々成長

関連記事

  1. ヤマダ電機の一撃により約25億円の投資有価証券評価損計上を迫られ…

  2. 「通貨」はこれからどうなるのか(浜矩子 著)-それは知りたいとこ…

  3. 「スティーブ・ジョブズ驚異のイノベーション」-CEOを退きました…

  4. 所定内給与は12カ月連続で下落(毎月勤労統計調査(厚生労働省))…

  5. 2011年危機(その2)

  6. 日本株の上昇を牽引しているのはやはり・・・

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,395,722 アクセス

ページ上部へ戻る