閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

社外取締役がいないと株主総会で説明が必要になるようです-会社法改正案

「会社法の一部を改正する法律案」および「会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案」が11月29日に閣議決定され、今臨時国会に提出されることになりました。

上場会社には社外取締役の選任を義務付けるというような検討もなされたようですが、最終的には社外取締役の選任義務化は見送られました

しかしながら、同改正案では、社外取締役を選任していない場合には「定時株主総会で株主に社外取締役を置くことが相当でない理由」を説明しなければならないとされし、また事業報告書にも同理由を記載することが必要となります。

しかも、懇切丁寧に「社外監査役が2名以上あることのみをもって」、「社外取締役を置くことが相当でない理由」にはならないと明記されています。社外取締役を選任していない理由であればなんとなく記載しやすいですが、「社外取締役を置くことが相当でない理由」といわれてしまうと、社外取締役を置くことが会社にとってマイナスである理由を書かないといけないような感じがします。

法務省令には、”「相当でない理由」は、個々の株式会社の各事業年度における事情に応じて記載しなければならないこと”が事業報告に関連して追加される予定のようですが、そうはいってもなかなか書きづらい内容です。そういった意味では、義務化は見送られたとしても、現実問題として社外取締役を選任しないというのは選択しにくくなるのではないでしょうか。

また、合わせて社外取締役の要件も厳格化される方向で改正が予定されており、現行法下では社外取締役になれる以下の人が社外取締役としての要件を満たさなくなります。

  • 親会社の業務執行者等
  • 業務施行者等の近親者
  • 兄弟会社の業務執行者等


  • この点については、上場会社ではあまり関係はないかもしれませんが、会社法上の大会社で、親会社の業務執行者等が社外取締役として取り扱っているケースでは影響があります。

    なお、今回の法案通りに改正された場合、施行日は平成27年4月1日が有力とのことです。

    日々成長

    関連記事

    1. エフオーアイの粉飾-主幹事証券に責任認めず(東京高裁)

    2. 役員規程で取締役の辞任を制限できるか?

    3. 導入する会社が登場してきた譲渡制限付株式とは?

    4. 分配可能利益がないのに配当してしまった上場会社-分配可能額を再チ…

    5. 改正会社法施行規則の経過措置を適用するための「招集の手続が開始」…

    6. 会社法計算書類の経団連ひな形が改正されました




    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 11,990,116 アクセス
    ページ上部へ戻る