閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

外貨建MMFの期末会計処理

今回は外貨建MMFの期末の会計処理についてです。

MMFは、金融商品会計基準上、「投資信託及び合同運用の金銭の信託のうち預金と同様の性格を有するもの」として取得原価をもって貸借対照表価額とする(金融商品実務指針64項)とされています(金融商品Q&A19)。

従って円建MMFであれば以上終わりなのですが、外貨建MMFの場合は時価評価が不要であったとしても、為替レートの変動による換算替えが問題となります。この点については、時価のない外貨建株式などと同じで、取得原価を決算時のレートで換算して円貨建の時価を算定する必要があります(外貨建取引会計基準一.2.(1).③.ロ,外貨建取引実務指針15)。

円建MMFの場合は時価評価が不要であるとされているため、それが「売買目的有価証券」「満期保有目的債券」「その他有価証券」のいずれに該当するのかを考えるまでもありませんが、評価替え(換算替え)が必要になるとすると相手勘定は何かを考える上でどの区分に該当するのかを考える必要があります。
MMFは、債券で構成されているとしても満期があるわけではないので「満期保有目的債券」という選択肢はなくなりますが、「預金と同様の性格を有するもの」なので「その他有価証券」というと多少の違和感を感じます。すると「売買目的有価証券」か?と余計なことを考えてしまいますが、「売買目的有価証券」は短期間の価格変動により利益を得ることを目的として保有する性質のもの(金融商品実務指針65項)であるので、それとは真逆にあるMMFは売買目的有価証券に該当しません。

したがって、MMFは「その他有価証券」に区分されることになります。

そして、外貨建その他有価証券の換算差額は、原則として金融商品会計基準の評価差額に関する処理方法に従うものとされています(外貨建取引会計基準一.2.(2))ので、期末に為替レートの変動により生じた換算差額は、有価証券評価差額金(税効果も考慮)で処理することになります。

ところで、外貨建その他有価証券のうちの債券については、外貨建時価を決算日レートで換算した換算差額のうち、外貨建取得原価または償却原価と時価の差額を決算日レートで円換算した金額を評価差額として取り扱い、外貨建取得原価または償却原価の為替換算差損益を為替差損益として損益処理することも認められています(外貨建取引実務指針16)。
そもそもMMFは「預金と同様の性格を有するもの」ですし、換算差額を「為替差損益」として処理したほうが理に適っている気はしますが、MMFそのものは債券ではなく投資信託ですので、上記の容認規定を使用することが認めらるのかはグレーです。

結論としては、外貨建MMFは期末の為替レートで評価替して、差額は有価証券評価差額金で処理をするというのが原則的な処理ということになると考えられます。

日々成長

関連記事

  1. クロス取引の取扱い

  2. 子会社への貸付金に為替予約を付した場合の連結処理は?

  3. 時価の算定に関する会計基準(その2)

  4. 転換社債型新株予約権付社債の発行者の会計処理(日本基準)

  5. 会計と税務における外貨建資産等の換算方法の違いは?

  6. 外貨建満期保有目的債券の期末換算処理




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,673 アクセス
ページ上部へ戻る