閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  2. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  3. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  4. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  5. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  6. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  7. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  8. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  9. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  10. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSの任意適用で赤字から黒字へ-そーせいグループ

そーせいグループ㈱(東マ)が2月12日に2014年3月期よりIFRSを任意適用することを発表しました。マザーズ上場企業でIFRSの任意適用を公表したのはこれが初のケースです。

マザーズで初のIFRS適用もさることながら、同社のリリースによると以下のとおり日本基準での赤字予想がIFRSを適用することによって黒字に転換するとされています。
2014-02-26_1
(出典:「国際会計基準(IFRS)の任意適用に関するお知らせ」)

主な原因は上記のとおり日本基準では必要とされるのれんの償却が不要となることによるものです(1,588百万円)。この他、日本基準では研究開発費として資産計上が求められるものがIFRSでは資産計上となることによる影響もあります(258百万円)。

このように日本基準なら赤字だけれども、IFRSを適用すれば黒字になるというようなケースでは積極的にIFRSの任意適用をすすめようという誘因が働くかもしれません。

ところで同社は従来のれんを10年の定額法で償却していました。これがIFRSでは、償却をやめて毎期減損をテストするということになります。
日本基準でのれんを10年で償却していたということは、対象のれんの効果の発現期間は10年と見込んでいたということだと考えらえます。

会社の公表している連結業績予想によれば、のれんを償却しないIFRSベースでの2014年3月期の営業利益が711百万円に対して日本基準での単年ののれん償却額は1,588百万円と倍以上の金額となっています。

もちろん単年ベースの数値だけから判断できませんし、「IFRS ベースの試算数値は監査前であり、IFRS 導入作業過程および監査法人による監査の過程で数値が変動する可能性があります」とのことではありますが、果たしてこののれんは全額回収可能なのでしょうか。

今後監査の結果どうなるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. IAS7

  2. IASBがのれん減損テストの緩和措置を検討するそうです

  3. 機能通貨の変更の処理-IAS21

  4. IFRSの任意適用要件が大幅に緩和されました

  5. IFRS任意適用会社が60社を突破

  6. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,552,085 アクセス

ページ上部へ戻る