閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

借手と貸手で認識が異なるリース取引の消費税

税務通信3308号の税務の動向「消費税率引上げに関するQ&A第22回」で「貸手・借手で認識が異なるリース取引に係る消費税率」について述べられていました。

会計上、貸手の計算利子率が分からない場合は借手の追加借り入れに適用されると合理的に見積もられる利率を用いてプルペイアウトの判定が行われる一方で、貸手はリース料総額及び見積残存価額の合計額の貸手の計算利子率による割引
額=購入価額等が成立する割引率を用いて判定を行うため、場合によっては借手は所有権移転外ファイナンスリースとして処理している一方で、貸手はオペレーティングリースとして処理するということがあり得ます。

そのため、2014年2月に借手は所有権移転外ファイナンスリースとして売買処理を行い5%で仕入税額控除をとったものの、貸手はオペレーティングリースとして処理していたので4月になったら貸手から8%でリース料を請求されたということが発生する可能性があるということです。

このような場合、どうなるかですが「原則は「資産の引渡しのあった日」における税率が適用」されるとしつつ、「税率引上げの移行期では、借手側の認識にかかわらず、貸手の認識に基づく消費税率が適用されることになります(国税庁26.1消費税Q&A問1)」とされています。

したがって、上記のようなケースでは8%が適用されることになります。ただし、「26年4月1日以後に終了する課税期間において、8%税率適用分(26年4月1日以後の期間)のリース料に係る消費税等相当額について「仕入対価の返還」を受けたものとして処理し、改めて8%により仕入税額控除の計算を行うことで、支払った消費税等相当額の全額を控除の対象とすることができ」るとのことです。

とはいえ、会計システム上、毎回リース料を支払うたびに「仕入対価の返還」を受けたものとして処理する仕訳と8%の仕訳をきらなければならないことになると考えられますので、件数が多いと処理は煩雑になると考えられます。

あまり意識していませんでしたが、色々ありますね。

日々成長

関連記事

  1. 消費税転嫁対策法が公布されました-施行日は2013年10月1日

  2. 国際取引と消費税(その4)-輸出免税等

  3. 「高額特定資産」とはなんですか?(その2)-平成23年改正(特定…

  4. 改正労働者派遣法と消費税増税は雇用にどのように作用するか?

  5. 海外支店取引にも要注意-国外事業者からの役務提供

  6. 同業者団体への年会費は消費税の課税対象か?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,485,835 アクセス
ページ上部へ戻る