閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「外国子会社配当益金不算入制度見直しへ」

T&A master No.544に「外国子会社配当金不算入制度見直しへ」という記事が掲載されていました。このタイトルを見て、ものすごく大きな話なのか?と思いましたが、損金算入となっている配当を益金不算入の対象から除外するという内容でした。

現状の制度では外国子会社から剰余金の配当等を受ける場合に、その配当額の5%相当額を控除した金額を益金不算入と処理することとされています。

そして、外国子会社で配当金が損金算入されるようなケースであっても、現状ではその外国子会社から受け取った配当金は益金不算入の対象となります。このようなケースでは、子会社で損金算入されることにより現地の税額を抑える効果がある上、日本でも益金不算入となることによって、会社からするとおいしい制度となっています。

配当が損金算入されるような国とはどこかですが、「オーストラリア法人、ブラジル法人から受け取る配当が損金算入配当に該当する」とのことです。

この状況に対し、政府税調国際課税DGにおいて、外国子会社配当益金不算入制度の見直し案が浮上しているとのことです。それに加え、損金算入配当に配当免税を認めるべきではないとするBEPS行動2によって、現地で損金算入とされている配当は日本の親会社で益金算入となる可能性があるとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 法人税の収益計上基準の原則は「引渡基準」

  2. ポイントの未使用残高は未払計上で損金算入可能か

  3. 法人税法で損金算入した源泉復興特別所得税の事業税所得割の取扱い-…

  4. 退職者を被保険者とする支払保険料を損金算入可とした裁決

  5. 特別償却準備金や圧縮積立金を計上する場合は要注意?

  6. 法人住民税の無償増減資の加減算措置を再確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,425,351 アクセス
ページ上部へ戻る