閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)

税務通信3631号の税務の動向に「新型コロナ 海外子会社への支援も寄附金に該当せず」という記事が掲載されていました。

今年4月に国税庁が公表した改正法人税基本通達等により、コロナ禍において行う取引先への支援は、被災者への支援と同様に取り扱われることが明らかにされていますが、これは国内取引先に対する支援のみならず、「子会社をはじめとした 海外の取引先への支援もその対象に含まれる」とのことです。

したがって、国内子会社のみならず海外子会社についても、復旧支援として売掛債権の免除等を行った場合に、必ずしも寄附金と取り扱う必要がないということになります。

とはいえ、新型コロナウイルス感染症を原因とするとして、なんでもかんでも寄附金等としないことが認められるわけではなく、「復旧支援目的である旨を書面等で残すことが肝要」とされています。

上記は、国税庁が公表している「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」の5-問4(賃貸物件のオーナーが賃料の減額を行った場合)で寄附金として取り扱われないための条件として示されている以下の三つの条件のうち2番目のから判断したものとなっています。

①取引先等において、新型コロナウイルス感染症に関連して収入が減少し、事業継続が困難となったこと、又は困難となるおそれが明らかであること。
②取引先等の復旧支援(営業継続や雇用確保など)を目的としたものであり、そのことが書面などにより確認できること。
③取引先等において被害が生じた後,相当の期間(通常の営業活動を再開するための復旧過程にある期間)内に行われたものであること。

書面を作成し、しかるべき決定権限を有する者の承認を得ておくというような手続はそれほど手間ではないと思いますので、無駄に寄附金等として取り扱わないですむように然るべき書面を準備するようにしましょう。

関連記事

  1. 見積計上した費用は法人税法上加算すべきか(その1)

  2. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  3. 従業員が不正に受領したリベートの帰属の帰属-平成24年2月29日…

  4. 特別償却準備金や圧縮積立金を計上する場合は要注意?

  5. 役員報酬を約束手形で支払っても短期前払費用特例の適用対象外

  6. 平成27年度税制改正(その1)ー法人税関連




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,202 アクセス
ページ上部へ戻る