閉じる
閉じる
閉じる
  1. 物価高騰による減額改訂に定期同額の弾力的運用なし
  2. IPO会社の監査法人、4大監査法人以外の割合が増加
  3. みなし取得日に発生した多額の「のれん」等を即減損した事例
  4. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  5. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  6. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  7. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  8. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  9. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  10. 光通信株式会社と株式会社光通信
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです

T&A master No.859に”子会社株式の購入手数料は共通対応”という記事が掲載されていました。

一般的に、国内における有価証券の取得に関する購入手数料は、「非課税売上対応」に区分されるものとされています。

一方、マンション販売事業社の仕入税額控除の取扱いをめぐる裁判では、地裁の判断が分かれているものの、いずれの判決でも、用途区分は「仕入れの時点における目的」で判断すべきと解釈されていることから、購入時点において将来において保有を継続する意図で取得した子会社株式等の購入手数料は「共通対応」と区分すべきなのではないかとの声があがっているとこの記事では述べられています。

同誌が「課税当局に確認したところによると、企業支配等、”保有”が目的である場合は、非課税売上げにのみ要するものとは言えず、また、課税売上にのみ要するものとも言えないため、「共通対応」に区分されるとのことだ」とのことです。

なお、「共通対応」として取り扱う際には、「有価証券の取得の目的が、株主向けのIR情報や、稟議書等で明確にされているなど、客観的に説明できる状態にあることが重要とのこと」とされています。

この取扱いについては、課税当局から公表されている情報はないものの、「納税者等から同様の問合せを受けた場合には、統一的に上記のとおり回答するようにしている」とのことですので、課税当局に金額的に重要であれば問い合わせてみるとよいでしょう。

子会社株式については、継続保有が前提であることが大多数であると考えられるところ、M&Aにおいて支払うDD費用や仲介手数料は金額が大きくなることも多いので、上記の取扱いは覚えておいたほうがよいと思われます。

関連記事

  1. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

  2. 「高額特定資産」とはなんですか?(その2)-平成23年改正(特定…

  3. 「課税売上にのみ要するもの」とは具体的にどんなもの?

  4. 法人に係る消費税の申告期限の特例-改正法の適用時期および適用手続…

  5. GoToトラベル利用による出張時の経理処理は?

  6. 同業者団体への年会費は消費税の課税対象か?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,158,205 アクセス
ページ上部へ戻る