閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年3月期役員報酬1億円以上が18人で過去最多の会社は?

経営財務3172号に平成26年3月期の役員報酬1億円以上の開示の調査結果が掲載されていました。

タイトルに書いたように、平成26年3月期の有価証券報告書で役員報酬1億円以上の役員が18人という会社がありました。どこの会社だと思いますか?

答えは、三菱電機です。

個人的には(大変失礼ですが)正直意外な気はしましたが、平成26年3月期の有価証券報告書の開示を確認すると以下のように開示されていました。
2014-07-22_1
(出典:三菱電機(株) 平成26年3月期有価証券報告書 コーポレートガバナンスの状況)

上記から、業績連動報酬が6,000万円程度あることから1億円以上となった方が多くなったということのようです。業績が良かったことによる報酬ということであれば株主の理解も得られそうです。
ちなみに平成25年3月期は役員報酬が1億円以上として開示されているのは1名のみでした。

全体的な傾向としては、役員報酬1億円以上の役員を開示したのが191社(前年比16社増)、開示された役員の人数は361人(前年比61人増)と増加傾向にあり、平成22年3月期の開示開始以来過去最多となったとのことです。

報酬1億円以上の役員が多い会社としては、三菱電機に続き、ファナックが10人、三菱商事と三井物産がそれぞれ8人と続いているとのことです。

一方で、単体決算で赤字決算ながら1億円以上の役員報酬を開示した企業が10社あるとのことで、日本板硝子(4人)、ソニー(2人)、東京エレクトロン(2人)などが該当します。

同記事によると業績連動報酬が増加しているとのことです。確かに、株主としては儲かっているからたくさん役員報酬が支払われるというのは理解しやすいですが、一方で業績連動報酬狙いでハイリスク・ハイリターンの事業運営を行っていないかという視点で議決権を行使するのも必要ではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. コーポレートガバナンスコードとは?-(その3)

  2. 上場企業の約4%が不正関連で適時開示を行っている?

  3. エフオーアイの粉飾決算で主幹事証券に賠償責任が認められた判決ー東…

  4. 平成27年度税制改正による税効果の注記例-1月・2月決算は決算日…

  5. エナリスは結局四半期報告書を訂正ーこれって粉飾?

  6. 1Q・3Qで「当社業績に関する一部報道について」をリリースしたモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,461 アクセス
ページ上部へ戻る