閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国を跨ぐリモートワークの給与課税等取扱いの整理
  2. 株式の非上場化・非公開化をめぐる裁判ー株主の請求を棄却
  3. 会社未公表の情報がKAMに記載された早期適用事例は、ほとんどなしー「監…
  4. 在外子会社の使用権資産のBS表示科目
  5. GoToEatキャンペーンを企業が接待で使用した場合の判定基準は?
  6. 少額な電車代・バス代も「報酬・料金」に該当すれば源泉対象
  7. カフェテリアプランに財形メニューがあっても換金性あるとはいえず
  8. 監査基準の改訂「その他の記載内容」につき監査人の手続を明確化
  9. 株主総会で限度額が決議され、取締役会で一任決議あれば、代表取締役社長に…
  10. テレワーク導入費用の課税関係
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成27年3月期第1四半期報告書の変更点

今回は平成27年3月期第1四半期報告書の変更点などについてです。

1.退職給付会計基準等の改正に伴う変更点

(1)財務諸表本表における変更
連結財務諸表における未認識項目の取り扱いについては、3月決算会社の場合、前年度末から適用開始となっていますが、前年度期首から早期適用している会社は30社程度しかないため、ほとんどの連結財務諸表作成会社は、四半期としては今回から新たに処理が行われるということになります。

四半期連結財務諸表としてみた場合、四半期連結貸借対照表に「退職給付に係る負債」、「退職給付に係る調整累計額」が区分表示されることとなり、四半期連結包括利益計算書には「退職給付に係る調整額」が区分表示されることとなります。

前期末と比べて目新しい部分はないと思いますが、強いてあげるとすれば、四半期連結包括利益計算書において、比較情報として表示される前第1四半期連結累計期間の「退職給付に係る調整額」が前期の比較情報がないため「-」になるという点くらいではないかと思います。

念のため、平成26年3月期期首より早期適用している開示例(味の素)を掲げておくと以下のようになっています。

四半期連結貸借対照表
ajibs
(出典:味の素 平成26年3月期第1四半期四半期報告書)

上記の早期適用会社の開示例では前連結会計年度の「退職給付に係る負債」が「-」となっていますが、原則適用会社の場合は、前連結会計年度の金額がありますので、金額が入力されることになります。

四半期連結包括利益計算書
ajioci
(出典:同上)

上記の開示例は、ほとんどの連結財務諸表作成会社が今回の1Qで開示することになる形式を表しているといえます。

(2)会計方針の変更の記載

未認識項目の処理については前期末から適用となっていますが、退職給付債務及び勤務費用の計算方法の見直しについては今期首からが原則適用となっています。

少し前に「期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基準」で記載したように、多くの会社は期間定額基準等から給付算定式基準に変更することが予想されますので、その場合には「会計方針の変更」として記載が必要となります。

加えて、割引率の決定方法についても変更されていることが多いと推測されますが、割引率の決定方法についても変更している場合は「会計方針の変更」に記載する必要があります。

記載例についてはプロネクサスや宝印刷の記載例を参考にすればよいですが、早期適用会社が割引率等についてどのような開示を行っていたのかを確認しておくと以下のようになっています。

①味の素(割引率の具体的な変更内容記載あり)
また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、割引率の決定方法を残存勤務期間に基づく割引率から単一の加重平均割引率へ変更し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更しました。

②ヤマハ(割引率の具体的な変更内容記載なし)
また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更、及び割引率の変更等をいたしました。

③デンソー(そもそも割引率変更記載なし)
また、退職給付債務及び勤務費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更しました。

割引率の決定方法の変更を会計方針の変更に記載するのであれば①味の素のような記載になることが多いのではないかと思いますが、②ヤマハのように具体的内容を記載しないという方法も参考になります。

固定ページ:

1

2

関連記事

  1. 有価証券報告書の和暦表示はマイナーに

  2. 上場会社の平均給与は4年連続増加-東京商工リサーチ調べ

  3. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認

  4. 会計基準選択の採用理由までの記載は不要なようです

  5. 後発事象ー決算発表直前に発生すると困ります

  6. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,269,856 アクセス

ページ上部へ戻る