閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  2. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  3. 清流監査法人に業務改善命令
  4. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  5. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  6. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  7. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  8. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  9. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
  10. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表

新規上場時に3年分の特別情報が不要になるという話はありましたが、2014年6月25日に金融庁から「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令(案)」を公表し、この案によると有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数が5事業年度分から2事業年度分に短縮されます。

また、IFRSで新規上場をしようとする場合、初めて提出する有価証券届出書に掲げる連結財務諸表は最近連結会計年度分のみが必要とされています。

意見募集期限は7月25日とされていますが、さすがにこの部分が変更されるということはなさそうですので、実質的に決まったといえるのではないかと思います。

改正後の規定は、意見募集終了後、8月下旬に公布・施行される予定となっています。

企業内容等の開示に関する内閣府令の第二号様式(有価証券届出書)の特別情報部分は現行だと以下のようになっています。
2014-07-04_1
そして改正案は以下のとおりです!
2014-07-04_2

改正後はたしかに提出会社が消えています。

すでに特別情報を作成してしまっている会社は、複雑な心境でしょうが、これから準備するような会社にとっては非常にありがたい改正ですね。

日々成長

関連記事

  1. 上場直後に一転営業赤字転落を公表したgumi-繰延税金資産の計上…

  2. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

  3. 2017年IPOは96社

  4. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

  5. 東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうで…

  6. 2016年上期のIPOは42社-経営財務調べ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,833,694 アクセス
ページ上部へ戻る