閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表

新規上場時に3年分の特別情報が不要になるという話はありましたが、2014年6月25日に金融庁から「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令(案)」を公表し、この案によると有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数が5事業年度分から2事業年度分に短縮されます。

また、IFRSで新規上場をしようとする場合、初めて提出する有価証券届出書に掲げる連結財務諸表は最近連結会計年度分のみが必要とされています。

意見募集期限は7月25日とされていますが、さすがにこの部分が変更されるということはなさそうですので、実質的に決まったといえるのではないかと思います。

改正後の規定は、意見募集終了後、8月下旬に公布・施行される予定となっています。

企業内容等の開示に関する内閣府令の第二号様式(有価証券届出書)の特別情報部分は現行だと以下のようになっています。
2014-07-04_1
そして改正案は以下のとおりです!
2014-07-04_2

改正後はたしかに提出会社が消えています。

すでに特別情報を作成してしまっている会社は、複雑な心境でしょうが、これから準備するような会社にとっては非常にありがたい改正ですね。

日々成長

関連記事

  1. IPOの場合は社外取締役を置くことが相当でない理由を説明すればよ…

  2. 東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうで…

  3. 2018年上期IPOは40件(PRO除くと36件)

  4. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

  5. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

  6. 2017年IPOは96社(続編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,409 アクセス
ページ上部へ戻る