閉じる
閉じる
閉じる
  1. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  2. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  3. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  4. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  5. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  6. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
  7. テレワーク勤務解除に労働契約上の根拠は必要か
  8. 2020年経営財務誌が選ぶ5大ニュースとは?
  9. スキャナ保存制度の抜本改革を確認(令和3年度税制改正大綱)
  10. 無免許運転により事故を起こした場合に健康保険は使える?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表

新規上場時に3年分の特別情報が不要になるという話はありましたが、2014年6月25日に金融庁から「企業内容等の開示に関する内閣府令等の一部を改正する内閣府令(案)」を公表し、この案によると有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数が5事業年度分から2事業年度分に短縮されます。

また、IFRSで新規上場をしようとする場合、初めて提出する有価証券届出書に掲げる連結財務諸表は最近連結会計年度分のみが必要とされています。

意見募集期限は7月25日とされていますが、さすがにこの部分が変更されるということはなさそうですので、実質的に決まったといえるのではないかと思います。

改正後の規定は、意見募集終了後、8月下旬に公布・施行される予定となっています。

企業内容等の開示に関する内閣府令の第二号様式(有価証券届出書)の特別情報部分は現行だと以下のようになっています。
2014-07-04_1
そして改正案は以下のとおりです!
2014-07-04_2

改正後はたしかに提出会社が消えています。

すでに特別情報を作成してしまっている会社は、複雑な心境でしょうが、これから準備するような会社にとっては非常にありがたい改正ですね。

日々成長

関連記事

  1. 2013年上期IPOは20社

  2. 2016年最初のIPO「(株)はてな」の人件費増加予想が気になり…

  3. 2017年IPOは96社(続編)

  4. 2018年IPO会社の監査報酬動向など

  5. 新規上場のためのIの部と過年度遡及会計基準との関係

  6. 6月上場の最初の承認会社はなんとなく不思議な感じがする会社

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,547,178 アクセス

ページ上部へ戻る