閉じる
閉じる
閉じる
  1. バーチャルオンリー株主総会-反対推奨(ISS)
  2. 2021年IPOは124社-3月決算の割合が比較的少ないのは偶然か
  3. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  4. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  5. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  6. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  7. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  8. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  9. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  10. 契約負債に流動固定分類は不要?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「自己株式として取得されることを予定して取得した株式」とは?

「自己株式として取得されることを予定して取得した株式」の場合、その自己株式の取得により生ずるみなし配当の額については受取配当金の益金不算入の制度は適用されないことになっています(完全支配関係にある内国法人内の譲渡を除く)(法法23③、法法23の2②)。

これは、平成22年度税制改正で導入されたものです。それ以前は、相対取引で自己株式の譲渡が行われると、交付を受けた金銭等の額からみなし配当の額を控除した金額が譲渡収入とされるため(法法61の2①一)、譲渡価格によっては譲渡側で譲渡損が生じて損金算入できる上、みなし配当も益金不算入となる部分があることで節税が可能となっていましたが、このような節税の防止規定として導入されたものです。

ところで「自己株式として取得されることを予定して取得した株式の譲渡」とは何を意味するのかですが、法人税基本通達3-1-8では以下のものが例示されています。

上場会社等が自己の株式の公開買付けを行う場合における公開買付期間(金融商品取引法第27条の5に規定する「公開買付期間」をいう。以下3-1-8において同じ。)中に、法人が当該株式を取得したときの当該株式がこれに該当する。

また、適格合併または適格分割型分割による引継ぎによる自己株式の取得は、自己株式取得が予定されている株式の取得に含まれます(法法23③)。

一方で、単に取得条項や取得請求権が付されていることのみをもって、自己株式の取得が予定されていることには該当しないと考えられるとされています(「改正税法のすべて(平成22年度版)」大蔵財務協会編)。

日々成長

関連記事

  1. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?

  2. 平成30年度税制改正を確認-法人税(その2)

  3. 単なる計上漏れの前期損益修正の損金算入は認められず

  4. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取…

  5. 電話加入権は休止状態から10年で自動解約されるそうです

  6. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,673,092 アクセス
ページ上部へ戻る